18年1月2日チャート分析・ビットコイン、イーサ、リップル、ビットコインキャッシュ、IOTA、ライトコイン、ダッシュ、カルダノ

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、必ずしもコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。あらゆる投資や売買の動きはリスクを伴います。意志決定の際には、ご自身でリサーチをお願いいたします。

 仮想通貨への熱狂は驚異的なその上昇率が体現している。例えば1年で300倍上がったリップルに比べると、13倍上がったビットコインでさえ見劣りしてしまう。

 昨年は20%上昇したS&P500指数を上回ればラッキーとされるこれまでの株式投資の世界とは非常に対照的だ。

 仮想通貨の世界で今年何が起こるかはわからないが、売り買いチャンスをうまく判別することができればトレーダーは大きな利益を収穫することができるだろう。

 一斉に上昇した後異なった動きをする仮想通貨もでてきたので、ここで分散投資をするのもいいかもしれない。

 この分析の目的は、最も小さなリスクを取りながら、最大の利益を得ることができる売買条件のもとトレードすることだ。

 今週、そんなチャンスは転がっているだろうか。チャートを見てみよう。

BTC/USD ビットコイン/ドル

 ビットコインは50日間標準移動平均線上で固く支えられているが、以前のように力強く反発することができていない。14000ドルレベルを超えずにこの二日は足踏みしている。

BTC/USD

 12月30日に三尊パターンのネックラインを割ったが、50日間標準移動平均線は割らず次の日ネックライン上に戻った。

 だが下降トレンド線と20日間平滑移動平均線を超えない状態では12000~14000ドル間では買い条件は見つからない。

 この下降トレンド線を抜ければ16000ドルを目指すだろう。一方で120000ドルを割ると12月22日につけた底値を試すだろう。

 ここ数日で大きくレンジが動くことを予想する。

ETH/USD イーサ/ドル

 下降トレンド線を抜けて推移すれば勢いを増すとし実現した。

ETH/USD

 12月31日に下降トレンド線を抜け、1月1日には760ドルにあったレジスタンスも抜けた。そこから更に勢いを増し今日高値更新した。

 863ドル以上で推移できれば、フィボナッチ・エクステンションの目標値である973ドルまでいくだろう。上昇チャネルのレジスタンス線もここにあるので、ここが強い抵抗になるだろう。

 863ドル以上で推移できなければ、上昇チャネル上のトレンド線がある760ドルが強いサポートとなるだろう。

BCH/USD ビットコインキャッシュ/ドル

 2300ドルを割ると50日間標準移動平均線まで下落することを予想していた。だが実際はトレンド線上で下げ止まり反発しようとしている。

BCH/USD

 もし2475ドル以上で推移できれば大きな抵抗のある2900ドルを試すだろう。

 いかなる下げに対してもトレンド線がサポートとなる。ここを割ると次のサポートは2072ドルだ。

 だがリスク・リワード条件は理想的でないので今のところトレードはお勧めしない。    

XRP/USD リップル/ドル

 調整が起きていたが1.61ドルで買いが入り短く終わった。強い動きだ。

XRP/USD

 ここ二日間は2.1ドルで抵抗をうけていたが、今日ここを突破し、2.474ドルを目指している。

 上昇再開までに6~7日間値固めをしており、高値更新までにさらに数日足踏みすることを予想する。

 下値は1.8ドル、1.6ドルが重要なサポートとなる。1.6ドルを割らない限り勢いは保たれるだろう。  

IOTA/USD IOTA/ドル

 前回の分析で、下降トレンド線を抜け推移したら新規ロングポジションを作る検討をしていた。

IOTA/USD

 ここ数日3.032ドルを下回らず推移しており、次はレンジ上限の5.59ドルを目指すと思われる。

 だからここでまだロングポジションをつくっていない人は、現状の4.121ドル付近で新規買いを入れてもよい(ストップロス注文は2.85ドルに設定)。大きなレンジ内のサポート線上で買い、上限のレジスタンスで売る戦略だ。

 上方バイアスをもってIOTAのボラティリティが高まるのを待とう。   

LTC/USD ライトコイン/ドル

 三尊パターンのネックラインを12月30日に割ったが200ドル付近で下げ止まった。

LTC/USD

 現在下降トレンド線、三尊パターンのネックライン、そして20日間平滑移動平均線を抜けた。これはポジティブな展開だ。

 250ドルを超えると、283ドル、そして300ドルを目指す可能性が高い。一方で下値メドは強いサポートのある200ドル、そして50日間標準移動平均線のある175ドルだ。

 まだこれは反発に過ぎないのでトレードはお勧めしない。

DASH/USD ダッシュ/ドル

 トレンド線で下げ止まるとしていたが実際そうなった。12月30日にトレンド線まで下がったがその後の反発は目覚ましかった。

DASH/USD

 ここから次のレジスタンスにある1220ドルを目指すことを予想する。それまでの下げはトレンド線で踏みとどまるだろう。

 ただしリスク・リワード条件は良くないのでトレードはお勧めしない。

ADA/USD カルダノ/ドル

 10月1日~11月25日の間はレンジ相場だったが、そこから4日間上昇した後12月14日まで再びレンジ相場となった。その後の5日間で0.135375ドルから0.581983ドル、まで急上昇。続いて0.37ドル付近まで調整した。

Cardano Charts

 直近の上昇は12月28日にスタートし、最初の目標値だった0.75ドルを超えた。これまでの上昇ラリーは4~5日間続いていたので、ここから反落することを予想する。

 だがカルダノは強い上昇トレンドにあり、ここが買いチャンスとなる。

 下げに対しては0.68ドルと0.60ドルが強いサポートなるだろう。