ビットコインATMの総数が現在、全世界で1万台を超えるまでになった。

ノルウェーの金融サービス企業AksjeBloggenによれば、ビットコインATM(BTMとも呼ばれる)の数が過去1年で87%上昇した。2019年9月時点では5336台だったが、2020年だけで約3900台の新しいATMが追加された。世界中のビットコインATMの数を集計しているCoinATMRaderによれば、現在世界71ヵ国で1万14台のビットコインATMが存在し、ビットコインやアルトコインを現金で売買できるようになっている。

AksjeBloggenのレポートは、「2020年にはデジタル通貨をサポートするATMの数が急増している」と指摘している。

「1月から9月の間に世界中で3885台の新しいBTMが設置された。これは9ヶ月で67%増加したことになる」

現在、米国では7800台以上のビットコインATMがあり、世界で最もビットコインATMが多い市場となっている。カナダは2位だが、869台となっている。3位は英国であり、オーストリア、スペイン、スイスと続いている。

ビットコインATMのマシンに応じて、ユーザーは様々な仮想通貨を購入することができる。たとえば、ビットコインのほかには、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、モネロ(XMR)、ドージコイン(DOGE)、テザー(USDT)、XRPなどだ。

またAksjeBloggenによれば、ビットコインATMメーカーのうちGenesis Coinが9月現在で市場シェアの35%を占めている。市場シェアで第2位となっているのはGeneral Bytesで29%のシェアを持っている。続いて、BitAccessとCoinsourceというメーカーが続く。

しかし、ビットコインATMがあらゆる国で増加しているわけではない。CoinATMRaderのデータによると、オーストリアでは2019年以降、ATMの数が減少している。2019年9月には244台のビットコインATMがあったが、現在は149台となっている。

出典: CoinATMRadar オーストリアのビットコインATMの数

このオーストリアでの減少は規制を巡る状況が関係しているかもしれない。

最近ではオーストリアの隣国のドイツでビットコインATMを巡る新しい規制が導入された。

ドイツでは仮想通貨(暗号資産)への監視を強化する一環として、ビットコインATMを設置する前に規制当局の承認が必要だとしている。

ドイツの金融規制当局であるドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が9月8日にビットコインなどの仮想通貨ATMにはライセンスが必要だとする声明を発表した。声明では「金融手数料業務は銀行業務であり、BaFinからの事前の承認が必要だ」と述べ、「BaFinから許可を得ていないマシンを設置した人々は違法に行動している」と指摘している。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン