仮想通貨を貸して金利を稼ぐ、バイナンスがサービス開始へ

仮想通貨取引所大手バイナンスは28日、仮想通貨の貸し出しサービスを開始する

26日の発表によると、バイナンスコイン(BNB)やイーサリアムクラシック(ETC)テザー(USDT)の保有者は、「バイナンス・レンディング」を通じて、資産を貸し出すことで金利を稼げる。登録期間は8月28日~29日だ。まずは、14日間で固定された期間で試されるという。

BNBの年利は15%と一番高く、USDTは10%、ETCは7%だ。金利は、導入期間の初期におけるマーケットの反応などに基づいて調整されるという。

(出典: Binance「バイナンス・レンディング・テーブル」)

仮想通貨を預けることで金利を稼ぐビジネスは、米国のブロックファイが先行している。

4月末時点で顧客から預かる仮想通貨の総額が5300万ドル(約59億円)に到達したと発表した。一説では、機関投資家が相次いで仮想通貨を購入してブロックファイに預けたことが、4月2日のビットコイン急騰の一因だったのではないかとも言われている

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版