仮想通貨取引所バイナンス、開発者向けプログラム「バイナンスX」を開始 ブロックチェーン学習を支援

仮想通貨取引所バイナンスは開発者向けプログラム「バイナンスX」を開始したと発表した。開発者によるブロックチェーンの学習を支援する。

コインテレグラフに共有されたプレスリリースによると、バイナンスXのプラットフォームにより、独自ブロックチェーンである「バイナンスチェーン」やBinance.comのAPI、トラストウォレットのSDKなどバイナンスのサービスを学び、ソリューションを作成できるようになるという。

バイナンスXの責任者であるテック・シア氏はブロックのインタビューでバイナンスXの目的について「仮想通貨のエコシステムを前進させ、仮想通貨の導入に貢献する開発者を育てること」と述べた。

開発者はバイナンスの公式ディベロッパーへのアクセスできるようになり、バイナンスXの公式ブログでは詳細が公開されている。バイナンスXフェローシップやバイナンスラボ・インキュベーション、バイナンス・ラウンチパッドなどのパートナーシッププログラムを利用できるようになった。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版