【速報】CZ氏「バイナンストークン(BNB)を分散型の仮想通貨取引所の基軸ガスに」年末年始公開に向け準備中

仮想通貨取引所バイナンス (Binance) の趙長鵬CEO(ジャオ・チャンポンと発音、通称CZ)が、バイナンスが発行する仮想通貨BNBトークンをガスとした分散型の仮想通貨取引所の公開ベータ版を年末・年初には立ち上げると発言した。自身のツイッターでのべた。

Just had a productive meeting for #Binance #DEX (decentralized exchange), where $BNB will be native gas, and the exchange don't control user funds. Aiming for a public beta end of the year/early next year. Yes, we work on Saturdays, non stop!

— CZ Binance (@cz_binance) 2018年9月29日

今回の構想では、仮想通貨取引所がユーザー資金を保管しなくてもよい仕組みを導入するようだ。

このツイートを受けて、バイナンスコインは小幅に上昇している。

管理者が存在しない分散型の仮想通貨取引所は、取引参加者の保有する仮想通貨を燃料(ガソリン)にして稼働するとされる。仮想通貨が「ガス(英語でガソリンの意)」とされるゆえんだ。さらに、仮想通貨取引所を運営する企業がユーザーの資金を管理することもなくなる。ユーザー資金を銀行などの第三者金融機関に預託する証券や、運営会社のいる仮想通貨取引所のモデルと異なる、革新的な仕組みだ。

一方で完全に分散型の仮想通貨取引の技術は現段階では未成熟であり、業界の雄と目されるバイナンスの動きに注目が集まる。