バックトのビットコイン先物、11月は前月比6倍の取引高【ニュース】

バックトが手がけるビットコイン先物の11月の月間取引高は、約2億8800万ドル(約314億円)だった。前月比で約6倍と大きく躍進した

11月最後となった29日の取引高は、3165BTC(約27億円)。11月は、合計で3回過去最高を更新した。27日のビットコイン先物の取引量は4443BTC(約35億円)が現在の過去最高だ。

10月のビットコイン先物の取引高は、約4860万ドル(約52億円)だった。

バックトのビットコイン先物は、現物受け渡し(physically-delivered)。投資家が先物の指定受渡日に現物を受け取る方式であり、現金決済であるCMEなどのビットコイン先物とは異なる。

9月末の立ち上げ当初は、取引高の低さから市場関係者からは失望の声が聞かれた。

またバックトのケリー・ローフラーCEOが来週にも米議会上院の議員に選ばれるかもしれないという報道が出ている

【関連記事:「バックテッド」仮想通貨ビットコイン急落で新語誕生、売りの背景4つ解説

【関連記事:バックトのCEOが米上院議員になる可能性 仮想通貨ビットコインに追い風か