【豪ドル円FX予想】米中貿易協議の合意や英総選挙の出口調査の結果を受けてリスクオンに

米国市場では、ブルームバーグ通信が「米国と中国は貿易協議の第一段階で原則合意したようだ」と報じ、豪ドル円は高値75.60円まで上昇した。

報道によると、米国は中国に対して、15日に予定している対中制裁関税第4段の発動取りやめと既存の追加関税の半減を提案しているようだ。

また、7時過ぎに英BBCが出口調査に基づく議席予想として、ジョンソン首相率いる与党・保守党が過半数を確保する勢いだと報じた。これを受けてポンドが急伸。豪ドル円も75.97円まで上昇した。

豪ドル円テクニカル分析と相場見通し

今日の豪ドル円予想レンジ  75.20~76.50円

豪ドル円のチャートは以下の通り

英総選挙の出口調査で、保守党が過半数を獲得する見込みとなったことから、豪ドル円は76円を伺う展開になっている。リスクオンの流れが継続するかに注目だ。

豪ドル円の下値は200日移動平均線の75.20円と見ている。一方、リスクオンの流れが続けば76円台に乗せ、上値追いの展開になるだろう。