米国通信大手AT&T、IBMとマイクロソフトと連携しブロックチェーンソリューション提供へ

米電気通信大手AT&Tは26日、IBMとマイクロソフトの技術を利用して設計したブロックチェーンソリューションを発表した。

AT&Tのブロックチェーン・ソリューションは、IBMのブロックチェーン・プラットフォームとマイクロソフト・アジュールのブロックチェーン技術と連携することで、顧客企業にとって「最も複雑なサプライチェーンであっても、さらなる透明性と説明責任をもたらす」ことを目指している。

同社のブロックチェーンベースの一連のサービスは、製造、小売、医療などの業界が同ソリューションとして利用できるとし、顧客企業のビジネスプロセスのデジタル化を促進するものという。

AT&TのAndy Daudelin副社長は、ブロックチェーン技術は「多くの企業がビジネスを行う方法を変革している」と述べた。

「ブロックチェーンはセキュリティを向上し、トランザクションのより良い管理を可能にする」

マイクロソフトは8月、クラウドプラットフォームのアジュールを通じ、新たなイーサリアムのプルーフ・オブ・オーソリティ (PoA) アルゴリズムを発表した。これにより分散型アプリ(DApps)の構築がより効率的になるという。