アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック、ブロックチェーン業界に参戦

 アップルの共同創業者として著名なスティーブ・ウォズニアック氏がブロックチェーンプロジェクトに初めて関わることを表明した。ラスベガスで13〜15日に開催されたカンファレンスChainXchangeでの発言をNullTXが報じた。

 ウォズニアック氏はブロックチェーンスタートアップに参画する理由を以下のように述べた。

「私自身初めての挑戦となるが、近々ブロックチェーン企業に関わっていこうと思っている。<...>私が関わる企業は、新たな形の通貨を作るようなものではない。形が何もないのに理由もなく価値が上昇しているようなプロジェクトではないということだ。この会社は投資事業を行っており、実績もある。例えば、ドバイにおけるアパートのビルなどへの投資がそれだ」

 同氏は続けて、ブロックチェーンが持つ魅力について以下のように語った。

「ブロックチェーンが持つその性質はまるで、インターネットが誕生したその時と同じようなものだ。ブロックチェーンが持つ、その技術背景には驚かされたものだ。何人かの人物だけが、ブロックチェーンに対して価値を見出している今は、まさにインターネット初期時代を思い出す」

 また、ウォズニアック氏はイーサリアム(ETH)のプラットフォームとアップルストアを引き合いに出し、両社が持つ企業や個人が独自のアプリケーションを構築できる性質に関して以下のように述べた。

「イーサリアムはブロックチェーンアプリケーションを個人が構築するのに、大いに役立っている。イーサリアムを用いて独自のアプリケーション構築を行っている絶対数が増えてきているのを感じている」