テスト取引ができる仮想通貨投資プラットフォーム、アルファ版がリリース

 ブロックチェーンのスタートアップ企業「クリル(Kryll.io)」が、自動取引プラットフォームの最初のバージョンをリリースした。創業者たちによれば、毎日約100人の新たなメンバーが、プロジェクトのテレグラムチャンネルに参加している。クリルのデモ版は、18年3月始めにリリースされた。計画ではリリースはもっと後になるはずだったが、早くフィードバックを集めるため、ユーザーにプラットフォームを体験してもらいたかったという。プラットフォームは現在、チュートリアルやバックテスト結果のほか、多くの機能を提供している。

 「当社の優秀な開発者たちは、非常に速いスピード感で仕事に取り組んでおり、コミュニティーから本当に感謝されている」と、クリルのマーケティング担当役員のリサ・ポンス氏はコインテレグラフに話した。「iOSアプリは現在開発中で、まもなくリリースする」。

ディップアキュムレーターとベアトレーダー

 ユーザーは24時間年中無休の実践取引をする前に、クリルの技術を使用して、取引戦略を設計し、テストをすることができる。プラットフォームのアルファ版には、ユーザーがテストに使える2つの取引戦略、「ディップアキュムレーター」と「ベアトレーダー」が既に用意されており、どちらも拡張可能である。クリルのユーザーは、戦略ブロックを使って取引結果を最適化することができる。バックテスト期間中、ディップアキュムレーターは約6000ドル(約64万3000円)の利益を上げた。

 クリルのシステムには、利益を上げられる取引戦略を構築するための、5つのメインブロックがある。

 その最初の1つが「マーケットトレンド」で、価格変動、テクニカルデータ分析、機械学習に基づく予測などのトレンド分析を提供する。

 2つ目のブロック「取引アクション」では、ユーザーは資産の買い・売り・保持、又は必要に応じて取引の中止も設定できる。

 3つ目のブロックは「シグナル」で、プロのトレーダー、テレグラムチャンネル、ソーシャルネットワークから、最新の取引のヒントを一元的に収集することができる。

 4つ目のブロック「オペレーター」は、データフィードとシグナルの相互作用を体系化する。例えば、「BTCがツイッターでポジティブなフィードバックを受けている時」などと設定できる。

 最後は「通知」ブロックで、ユーザーは戦略の運用状況を、テキストメッセージやメール、スマート通知で継続して受け取ることができる。

仮想通貨トレーダーの評判は?

 クリルの創業者たちによれば、このプラットフォームでは毎週コンテストが開催されており、最も優秀なトレーダーを見つけたり、成功に役立つコミュニティーを作ることができる。「集合知は、私たち全員を取引市場でのより大きな成功へと導いてくれる、大きな資産だと考えている」と、同社はホワイトペーパーで述べている。

 プロジェクトの目的の1つは、トレーダーが他の人と知識やアイデアを共有しながら、お金も稼げるようにすることである。このプラットフォームが提供するマーケットプレイスを使って、誰でも無料で戦略を共有することができる。優れた洞察を持つ人たちは、仲間のトレーダーを助けると同時に、いくらかの利益を生み出すことも可能だ。

 同社によれば、ブロックチェーンの専門家と仮想通貨マニアの評価は、現在のところどちらもポジティブである。「クリルは大衆に受け入れられる使いやすい製品を持っており、それが一連の取引体験を向上させるだろう」と、外国為替とコントラクト・フォー・ディファレンス(CFD)の専門家、アソール・ノース氏はコインテレグラフに話した。フィノム社のデニス・ススロフCFOによれば、クリルは「どこからでも利用できる、包括的なマルチプラットフォーム・ソリューションを提供する」。

 また、クリルのマーケットプレイスには、さまざまな戦略についてチャットできる機能があり、ユーザー同士で交流したり、互いに協力し合うこともできる。マーケットプレイスで取り上げられた戦略は、その性能に基づいてユーザーから評価される。 

クリルトークンの未来

 このスタートアップ企業は3月、世界初のブローカー不要の取引プラットフォーム「スペクター(Spectre.ai)」との提携を発表した。2017年に1600万ドルを超える資金調達に成功したスペクターは、クリルの技術を自社のプラットフォームに統合することを計画している。この統合により、ユーザーは外国為替、仮想通貨、CFDの各取引に関する機能から、メリットを得ることができる。

 このプロジェクトの創業者たちによれば、クリルのトークンは速いペースで売れているという。購入可能な初期数量は2億2000万から7200万に引き下げられており、創業者が指摘する通り、トークンの価値は上がっている。

 クリルプロジェクトを背後で支えるブロックチェーン企業クリプテンスS.A.Sは、南フランスにあるソフィア・アンティポリスの欧州テクノパークに拠点を置く。

 

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は得られる全ての重要情報を提供することを目的にしているが、読者は当記事の企業に関連したあらゆる行動をとる前に独自に調査を行い、自身の決断については全責任を負わなければならない。また、当記事は投資アドバイスとはみなされない。

  • フォローはこちら: