フェイスブックの仮想通貨リブラ開発の正式な中断を 30以上の米圧力団体が要求

米国の30以上の圧力団体が米議会に対してフェイスブックの仮想通貨「リブラ」の開発中断を正式に求めていることが明らかになった

30以上の圧力団体は「米議会議員、規制当局、フェイスブック、カリブラの従業員」宛に書簡を出し、リブラ開発を進める前に答えられなければならない疑問があると主張。例えば、複数の通貨バスケットに連動するステーブルコインである点について次のように述べた。

「リブラの計画は消費者に対して、直接的または間接的に価値が安定し続けることを約束しているが、リブラ協会が方針を変更し、例えばリブラの価値を切り下げたり全てのリブラの取引に小さな税金をかけたりするようなことを阻止するには、どんな仕組みがあるのか?」

フェイスブックのリブラプロジェクトを率いるデビッド・マーカス氏は、今月16日と17日に米議会の公聴会に呼ばれており、リブラについて説明する。

フェイスブックのリブラに否定的な政治家や規制担当者は多い。例えば先月19日、ウォーターズ議員は「フェイスブックは数十億人分のデータを持っておりデータ保護を繰り返し軽視してきた」と批判。リブラ開発の中断を要求した。

【関連記事:米議員 フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」開発の中断を要求、「問題ある過去」を指摘