「仮想通貨決済をセクシーに」 アダルト業界向けプラットフォーム「スパンクチェーン」が決済サービス開始

イーサリアム基盤のアダルト業界向けプラットフォーム「スパンクチェーン」は7月31日、仮想通貨決済サービス「スパンクペイ」を発表した。「ユーザーがアダルトコンテンツで楽しむためのシンプルかつシームレスで低コストな方法を提供する」のが狙いだとしている。

ユーザーは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、モネロ(XMR)といった仮想通貨で決済できる。またスパンクペイを導入する加盟店には0.5%の手数料を課す仕組みだ。

今回の発表によれば、アダルトコンテンツのファンサイトであるジャスト・フォー・ファンズと、アダルトチャットサービスのスカイプライベートの2社がスパンクパイを導入する。

ジャスト・フォー・ファンズの創業者ドミニク・フォード氏は、この決済インフラが、アダルトコンテンツ業界に重要な価値をもたらすと強調する。

「スパンクチェーンを使用すれば、アダルトを扱っている会社だからといって、決済サービスを断れる心配をしなくても済む。アダルト業界を嫌がる外部ソリューションを使うよりも、私たちの仲間であるアダルト向けソリューションプロバイダーをサポートしたい」

ポルノハブなども仮想通貨導入

アダルト業界では仮想通貨やブロックチェーンの活用に積極的だ。伝統的な決済サービスや銀行がサービス提供を断るリスクのほか、仮想通貨の持つ匿名性が評価されているようだ。

ポルノハブは昨年8月、仮想通貨決済サービスのプーマペイと提携し、仮想通貨決済を導入した。またポルノハブの子会社チューブ8は、ブロックチェーン基盤のプラットフォームを構築する計画も浮上していた

ほかにもストリッパーへのチップに仮想通貨を導入する試みというのもあった

【関連記事:アダルト産業におけるブロックチェーン革命

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版