ナスダックやシティグループなど ブロックチェーン開発のシンビオント社に2000万ドル投資 

ブロックチェーン技術開発企業のシンビオント(Symbiont.io)はシリーズBの資金調達ラウンドで2000万ドル(約21.9億円)を調達した。この資金調達ラウンドには、米証券取引所ナスダックの投資部門ナスダック・ベンチャーズや、大手金融機関シティグループ、マイク・ノボグラッツ氏が率いる仮想通貨銀行ギャラクシー・デジタルなどが参加した。シンビオントが23日に発表した。

シンビオントは、ブロックチェーンとスマートコントラクトのプラットフォーム「アッセンブリ」を開発している。シンビオントは、このプラットフォームを資本市場で活用する考えだ。「データ管理、住宅ローン、プライベートエクイティ、シンジケートローンなど複数の業種にわたって展開していく」という

またこういった分野への展開に加えて、ナスダックとともにブロックチェーンとスマートコントラクトの技術を活用した新しいビジネスチャンスを模索していくとも述べている。

ナスダックベンチャーズの責任者であるゲリー・オフナー氏は、発表の中で「私たちの投資は、シンビオントのエンタープライズブロックチェーンとスマートコントラクトプラットフォームを『ナスダック・フィナンシャル・フレームワーク』に統合することも含んでいる」と話す。

シンビオントのマーク・スミスCEOは、ブルームバーグとの取材に対して、仮想通貨・ブロックチェーン技術がブームを越え、成熟しつつあると語っている

私たちは、より現実的なフェーズに入ろうとしている。人々がこの技術に関心を示し、どのように適用できるか否かを真剣に考えるようになっている。私たちはハイプサイクルからのピークから抜け出し、幻滅期に入っている。特にこの技術がすべての問題を解決する万能薬になることを願っている人々にとってはね」

今回、ナスダックやシティグループがブロックチェーンベンチャーへの投資に参加したことは、ウォール街の主要なプレイヤーがこの技術に依然として関心を持っていることを示すものだろう。

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOは最近、「仮想通貨にはグローバル通貨になる可能性がまだある」との見解を示した。

「この発明自体はかなり天才的で創造性が高い。我々の経済において持続的な未来を見つける機会を持つに値する」