100万ドルで保釈決定 北朝鮮に仮想通貨・ブロックチェーン教えたイーサリアム研究者の裁判で【ニュース】

北朝鮮に仮想通貨とブロックチェーンに関する知識を教えたとして逮捕されたイーサリアム研究者ヴァージル・グリフィス氏が、釈放されることが決まった。イナー・シティー・プレスが報じた

保釈の条件は、100万ドル(約1億900万円)、保釈を決定したのはニューヨーク南地区の裁判所判事だ。「倫理的な説得」のためアラバマ州に両親といることが条件となった。

また旅行先は、カナダやメキシコ、カリブ諸国の一部。弁護士とのやりとりのためにEメールの使用が許可された。

グリフィス氏は、19年4月に「平壌ブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス」に参加するために北朝鮮に旅行。「経済制裁を逃れるために仮想通貨とブロックチェーン技術をどのように使うか、技術的なアドバイスをプレゼンした」としてFBIなどから訴追された。

現在、グリフィス氏はイーサリアム財団から停職処分を受けているという。ただ、イーサリアム財団はグリフィス氏をサポートする方針。イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、「彼はオープンソースソフトウェアに関する公開情報に基づいてプレゼンテーションをしただけだ」とし、逮捕が不当であると述べていた。

【関連記事:北朝鮮に仮想通貨・ブロックチェーン教えたイーサリアム研究者、釈放されず

【関連記事:仮想通貨イーサリアム創設者ブテリン氏「イーサリアム財団研究者の逮捕は不当」|根拠をツイッターで連続投稿

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン