現代の金融エコシステムでは、個人が自分の資産を貸し借りするための媒体が不可欠です。借りることで、自分の資金を活用して仕事をすることができ、貸すことで、眠っていた資金を定期的かつ安全に回収することができます。

暗号通貨の開発者は、このようなサービスの必要性を認め、いわゆるマネーマーケットを立ち上げました。Xpoolは、これらのマーケットプレイスの中で最も信頼性が高く、成功しているものの1つです。

I. 初心者のためのガイド

数ある新興のDeFi暗号通貨の1つであるXpoolは、ユーザーが暗号資産の貸し借りや利息の獲得を、すべて中間業者を介さずに行うことができる分散型の貸付システムです。より具体的には、Xpoolは、顧客が安定した金利と変動金利の両方を使用して多様な暗号通貨を貸し借りできるようにするDeFi貸出プロトコルです。

Xpoolは、保有者にガバナンスを提供するネイティブトークンであるXPOを活用しています。 

Xpoolは2021年初頭から大きな成長を遂げていますが、そのほとんどは多様な担保をサポートしていることと、近い将来に予定されているXpoolのアップグレードに起因しています。Xpoolは主に、新規ユーザーが時間をかけてXpoolエコシステムと分散型プロトコルに参加することを支援します。

基礎となるXpoolプロトコルを理解せずに、XPOトークンが何であるかを理解するのは難しいので、それについて説明します。

II. Xpoolの仕組み

Xpoolはアルゴリズムを利用した金融市場であり、ローンは個別に貸し手とマッチングされるのではなく、プールから取得されます。

課金される金利は、プール内の資産の「利用率」に依存します。プール内のほぼすべての資産が利用されていれば、金利は高くなり、流動性供給者はより多くの資金を預けるようになる。プール内の資産がほとんど使用されていない場合は、借り入れを誘うために金利が低く設定されています。

Xpoolソフトウェアの中核となるのは、ユーザーが最大で異なる暗号通貨の貸し借りを可能にするレンディングプールの作成です。

イーサリアムと同様のプロトコルの他の分散型融資システムと同様に、借り手は借り入れの前に担保を掲示しなければなりません。Xpoolの特徴は、Binance Smart Chainプラットフォーム上に構築されており、ユーザーのコストを最小限に抑えることができます。さらに、ユーザーは自分が投稿した担保の価値までしか借りることができません。

ユーザーは貸したい資金を預け、その資金はプールに集められます。借り手は、そのプールから借り入れることができます。

この活動を促進するために、Xpoolは2種類のトークンを発行しています。それは、貸し手が預金の利子を集めるために発行されるxTokensと、XpoolのネイティブトークンであるXPOOLトークンです。

XPOOL暗号通貨は、保有者にいくつかのメリットをもたらします。例えば、XPOOLの借り手は、このトークンでローンを組んでも手数料がかかりません。また、XPOOLを担保にしている借り手は、手数料が割引になります。また、XPOOLを担保として掲示する借り手は、少し多めに借りられる。

III. XPOトークン

XPOはXpoolのBEP-20トークンで、総供給量は210,000,000ユニットで、Airdrop、IDOプログラム、Farmingを通じてコミュニティに配布されます。XPOの保有者は以下のようなメリットがあります。

1. 預金利息の獲得:XPOをXpoolプロトコルに預けることで、ユーザーはパッシブインカムとして魅力的な年利を得ることができます。
2.担保としての使用: 借り手はXPOを担保にして資産を借りることができ、手数料の割引や通常よりも多く借りることができるチャンスがあります。
3. Xpoolのサービスに対する手数料徴収と割引: Xpoolの借り手は、トークン建ての融資を受けても手数料を取られません。
4. 議決権行使とガバナンス: XPOトークンを保有するユーザーは、製品のアップグレード、リリース、パラメータ修正の可能性について投票することができます。

IV. XPOイニシャル・デックス・オファリング販売の詳細

四月四日 11:30  GMT +8 に、Xpoolの最初のIDOプログラムがLaunchZone PadXで開催されます。PadXは、IDO(Initial Dex Offering)と呼ばれるプロセスで資金を調達するための、暗号スタートアップのためのオンチェーン・ローンチパッドです。

総供給量:  210,000,000 XPO
エアドロップ/リスティング: 1% - 2,100,000 XPO
IDO 1: 2% - 4,200,000 XPO
IDO 2: 1% - 2,100,000 XPO
流動性: 0.75% - 1,575,000 XPO
ファーミング: 95.25% - 200,025,000 XPO

  IDO 1

IDO 2

トークン販売

4,200,000 XPO 

2,100,000 XPO

トークンプライス

0,0238 USD (BSCXのみ)

0.0476 USD (BSCXのみ)

条件

ラッキースターチケットを勝ち取る

ホワイトリスト入り

時間帯

2021年4月4日11h00PM
(GMT + 8 )

00h00AM (HKT / GMT+8) 2021年4月5日
 (第1ラウンド終了から30分後)

V. XPOトークンセールに参加するためのステップ

1.ラッキースターチケットを獲得した人のための第1ラウンド

ステップ 1. BSCXをロックする

100BSCX以上をロックしたユーザーには、IDOプログラムに参加するチャンスがあります。1つのウォレットアドレスで最大1,000BSCXまでロックできます。

ステップ 2: チケットを獲得する

100 BSCX トークンがロックされるごとに、ユーザーは「ラッキースター」と呼ばれる抽選券を1枚入手します。抽選が行われ、当選したラッキースターは自動的にXPOと交換してIDOに参加します(このプロセスは、ラッキースターを申請していずれかのチケットが当選すると自動的に行われます)。

ステップ 3: 参加枠の申請 

どのLucky Star(ラッキースター)チケットが参加枠に当選しているかを知った後(ホワイトリストの12時間前)、当選したLucky Starチケットの所有者は、参加枠を請求し、その枠を使ってBSCXトークンでIDOを購入することができます。購入者は、請求期間が終了するか、プログレスバーが100%になる前に報酬を請求し、購入することが必要です。

XPOを購入するためのラッキースターチケットの入手方法は?こちらのリンクをご覧ください。

2. ホワイトリストに登録されている方の第2ラウンド

ステップ 1.  BSCXヒーローズプログラムに登録する

Sower Botを使ってBSCXヒーローズプログラムに登録します。

  1. Telegramの@thesowerbotにアクセスし、Startを選択します。
  2. コマンド /add_whitelist を入力し、エンターキーを押します。
  3. 指示に従う

テレグラム アカウントは、1つのツイッターアカウントにのみリンクできます。

ステップ 2.ホワイトリストに登録する

LaunchZoneでホワイトリストに登録された方のみが、Xpool IDOの第2ラウンドに参加できます。ホワイトリストに登録された各アドレスは、BSCXトークンで支払われた最大100ドル相当のXPOを購入することができます。ホワイトリストに登録されたアドレスの数が利用可能なスロットの総数よりも多い場合、当社のソフトウェアは先着順(FCFS)のルールに従います。

当社のBSCXヒーローズプログラムに参加して、第2ラウンドのLaunchZoneホワイトリストのポジションを獲得する方法は以下より
https://launchzone.org/docs/2070-2/

XPOOLの一員になるチャンスを手に入れよう! 

こちらから参加できます
ウェブサイト: https://xpool.app/
ツイッター: https://twitter.com/Xpoolofficial 
テレグラム チャンネル: https://t.me/xpoolofficial
テレグラム グループ: https://t.me/xpoolofficialgroup 
ミディアム:  https://medium.com/@Xpool