プレスリリース

NFTとは?

FinTech Journalによると、NFTとは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のこと。

ブロックチェーン技術を活用することで、コピーが容易なデジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値を付与し、新たな売買市場を生み出す技術として注目を浴びている「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」。すなわち、「錦鯉」をNFTにし、価値を守ることができる。

Non-Fungible tokens Quarterly report Q1 2021によると、2020年第4期と比べると、15万以上より増加し、ウォレットアドレスがNFTトークンを保有また取引をしている。その中、バイヤーとセラーの数がおよそ11万人が増加。全体的なデータが増える一方だ。

その考えられる原因として、価値、転売、コレクションなどがある。


その中、スポッツ、コレクションが全体的の約3割が占めている。

錦鯉文化

アジアから世界まで、「錦鯉」文化が広がっている。日本庭園の池で泳ぐ、色鮮やかな「錦鯉(にしきごい)」が大人気。また、アジアでは、中国、インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、台湾で人気。錦鯉には、多数の種類があって、値段もそれぞれだ。生活中で観賞用だけだったが、今回、ブロックチェーンの技術と運用し、NFT世界にも進出している。「錦鯉」も特性のあってユニークなアートという存在と言われ、NFT世界にも大人気である。

日本では、全日本錦鯉振興会主催の品評会という機関で20品種の分類で行っており、その中で、人気が高いのは、「紅白」「大正三色」「昭和三色」「白写り」「五色」という。

ユニークNFT錦鯉とは?

Koi.bioは、BSC(Binance Smart Chain)とEthereum ERC721-PolkadotをベースにしたクロスチェーンNFTである。コレクション、育成、取引、オークション、ゲームなどの機能を備えたNFTカードゲームを統合している。クロスチェーンメカニズムを採用することにより、Koi.bioは、Polkadot、BSC、ETHなどのクロスチェーンでも構築している。

コレクション

プライズボックスをオープンし、ランダムで錦鯉が抽選可能。さらに、オスとメスの錦鯉を繁殖することにより、限定色などのカードが合成可能。クリプトの世界でカードコレクションの欲求と達成感を実現できる。

ゲーム

育成された錦鯉はゲームに参加可能。プレイヤーは、NFTカードゲームに参加してゲームの道具を獲得し、取引やオークションで追加の収入を得ることができる。

錦鯉の価値が高いほど、当たる可能性は低くなる。第一世代の錦鯉NFTカードには、トークンアンカー値がある。また、NFTトークンを破棄する機能も備えており、短期投資家にも向いている。

第二世代錦鯉NFTカードは、オスとメスの魚を繁殖する機能がある。限定色の貴重な鯉を生産することができる。魚の色も遺伝子に応じて自動的に組み合わせ、それぞれの魚の色も特別でユニークである。

新しく生成された錦鯉NFTは、ハッシュ値でマークされ、すぐにIPFSチェーンにミラーリングされる。NFTカードが将来無制限のコレクションそしての価値を持つというコンセンサスも実現可能。

錦鯉は、すべてプライズボックスから抽選で当たる。また、他のゲーム属性の中でも、ある程度の体力、攻撃力が付属している。将来的には、対応するNFTカードに反映される予定。保有者は、錦鯉NFTの独自のさまざまな属性を利用してゲームに参加し、取引やオークションのためにさまざまなゲームの道具を略奪して、追加収入を得ることが可能。

取引

錦鯉は、プラットフォームまたは外部NFTゲーム取引プラットフォーム(例:OpenSea)の取引市場を通じ、付加価値のある取引を実現できる。

オークション

KOI.BIOは、Dutch trading systemを作成し、コミュニティーメンバーがオークションを通じ、錦鯉の価値を最大化するのにより便利になる。

MetaMask と Binance Smart Chain 対応可能

利用方法

(1)MetaMaskインストール
         MetaMaskをダウンロードし、初期設定を完成させる。
(2)ウォレットの設定
         Binance Smart Chainネットワークに追加しよう。
(3)追加BUSDとKOIトークン
        トークン追加をクリックし、トークンスマートコントラクトを入力しよう。


KOI Officialについて
Website: www.koi.bio 
Telegram: https://t.me/koi_bio 
Twitter: https://twitter.com/koibio1
Medium: https://koibio.medium.com 
Contact: info@koi.bio (English)

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー