プレスリリース

「史上最強のICO」、「ワールドクラスのブロックチェーンプロジェクト」、「トリリオンレベルのクラウドストレージマーケット」、「ビットコインに並ぶチャンス」、「ブロックチェーン3.0」、「次世代分散型ネットワークのハイパーメディアプロトコル」、「インターネット3.0」ー こうしたブロックチェーンの歴史で用いられてきた輝かしいフレーズは、どれもファイルコインを形容するためのものだ。

つい最近、世界をリードするデジタル資産サービスプラットフォームBoboo.comでは、IPFSクラウドコンピューティングパワーの売上が1000万を突破、ネットワーク全体でトップにランク付けされたことを祝した。これを期してIPFSクラウドコンピューティングパワーの期間限定イベントを立ち上げ、118USD/Tで「ネット全体で最低価格」を維持。これにより、IPFSコンピューティングパワーは、ローンチ後わずか1か月で1,000万の大台を突破した。

IPFSとは一体?ファイルコイン、Filとの関係は?

IPFS(InterPlanetaryFileSystem)は、グローバルなP2Pの分散型ファイルシステムだ。ファイルコインはIPFS上のインセンティブレイヤーであり、トークンモデルによってIPFS上の分散型ストレージマーケットを構築している。FILはファイルコインのトークンで、合計数は20億に達している。FIL6とはファイルコインの6月の先物(ロックアップ期間は6か月)のことを指す。

グローバルマーケットを牽引

ここ2年、ファイルコインの分野に膨大な資金がつぎ込まれてきた。セコイアキャピタル、アンダーセンホロウィッツファンド、ユニオンスクエアベンチャーズなど著名なウォールストリートVCに加え、2,100人を超える米富裕層の個人投資家からの資金サポートを受けたのだ。さらに、関連データによると、現在中国だけで200~300億元(約3,000~4,500億円)がファイルコイン分野に投資されている。しかもこの数値は毎日増加しており、資金面でもファイルコインへの期待値は高いといえる。

ファイルコインは2017年8月に最初の発行を実施し、その際2億5,700万ドルを超える資金を調達。これはイーサリアム(ETH)、EOSなどのブロックチェーンプロジェクトを超えたと報告されており、この分野での新しい伝説となった。今回はファイルコインはまだローンチされておらず、トークンの10%が販売されたのみだが、すでにその評価額は25億7,000万ドルに達し、市場価値では主要暗号通貨のトップ10にランクインしている。

次世代ビットコインとの呼び声も

ファイルコインはビットコイン(BTC)と異なるが、IPFSの将来性は非常に高い。BTCの難点はPOWがコンピューティングリソースに大きく依存するため、膨大な量のエネルギーを消費し、効率の向上が根本的に困難であるということだ。ファイルコイン採用のメカニズムはコンピューティングリソースに依存していないため、莫大なエネルギーを消費する必要がない。作業効率を究極にまで高めてくれるという点では、真のシェアエコノミーだといえるだろう。

また、ファイルコインは、IPFS分散型ストレージネットワーク上でトークンFILを発行することでIPFSネットワークへのストレージリソース、検索サービス、帯域幅リソースの提供を奨励し、強力かつ分散化されたインターネットを構築。これこそが、FILがWeb3.0において「次世代のビットコイン」になりうる所以だ。
ファイルコインのトークン売上 Bobooがネット全体でナンバーワン

Boboo.com取引所は今年7月2日にIPFSクラウドコンピューティングパワーをリリースし、7月10にはFil6のサブスクリプションを開始。その後もBobooはファイルコイン取引においてはトップを堅守し、ファイルコインプロジェクトへの投資で世界から選ばれるメインの取引所となった。IPFSクラウドコンピューティングパワーとFil6の販売量いずれにおいても、ネットワーク全体で群を抜いている。

IPFSクラウドコンピューティングパワーの販売においては、第一期の99U/Tから現在の138/Tまで、Bobooはマイニングプールのための最高クオリティのリソースを保有し、市場原価をさらに下回る「市場最安値」をリードしてきた。現在、BobooのIPFSクラウドコンピューティングパワーの価格は138U/Tで、960RMBに相当。多くの取引所での販売価格は2,000RMBで原価は1,100RMBを超えるとされており、いずれもBobooの価格を大きく上回っている。

7月10日、Fil6がB-powerチャンネルで初めてローンチし、サブスクリプションイベントがスタートした。ローンチ後10分であっという間に値上がり幅90%に達し、最高価格は23USDTにまで達した。B-powerチャンネルは多くのユーザーを瞬く間に惹きつけ、Fil6のサブスクリプション開始後の奪い合いにより何と1秒で終了する事態となった。
B-power(正式名称BobooPower)は、2020年6月19日にスタートした、Bobooがユーザー向けに開設したサービスチャンネルだ。現在、B-powerは世界中の有望なプロジェクトを集めており、すでにB-powerチャンネルにはBRACE、OBG、TMTG、Fil6などが登録されている。

一体なぜ?Bobooがファイルコイントークンの権益すべてをユーザーに移譲する理由

上記の答えは、Bobooが創設以来「第一に投資家、第二にプロジェクトオーナー、第三にプラットフォーム」というサービスコンセプトを掲げ、常にユーザーの利益を最優先させてきたためだ。

Boboo.com取引所は、ジェネシス(創世資本)CEOの孫沢宇(SUN Zeyu)氏、幣世界のCEO譚晨輝(TAN Chenhui)氏、Huobi(フォビ)の前CTO巨建華(James JU)氏が共同投資し、創立8ヶ月でユーザー数100万を超えた。主要プラットフォームのトランザクション深度を統合することにより、通貨ペアごとのマッチングパフォーマンスは毎秒最大300万を超え、他の主要取引所を圧倒している。

プラットフォーム型通貨BOBTは、Bobooとユーザー間での利益の共有を目指してつくられたものだ。すべてのBOBT保有者はBOBTの「株主」であり、Boboo通貨取引の純利益100%の分配とコミュニティの投票への参加、委員会メンバーの選挙権を享受する。また、BOBT後期の買戻しと処分のメカニズムを決めることができ、永久にBOBT値上がりによる収益を得ることができる。

現在、ファイルコインはテストネットの第2フェーズ終盤に入り、メインネットは8月31日から9月21日に正式にローンチされる。現在の市場データから見ると、FILトークンはBCHを超え、トップ5にランクインすると予想されている。
 
BobooIPFS一般購入リンク:https://www.boboo.com/campaign/ipfs/
日本限定特売(8月3日限定):https://www.boboo.com/xo/item/IPFS3-USDT-7087-20200731154833 
Boboo日本語Twitter:https://twitter.com/BobooJapan
Boboo日本コミュニティ:https://t.me/BobooJP

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー