プレスリリース

BOBTは現物取引収益の100%を利用し無料で配布され、且、私募、チーム保有なしという一般的なプラットフォームトークン概念を覆す新しい金融モデルだ。また、現物取引手数料純利益の100%と自己保有のBOBTをすべてのコミュニティメンバーに還元する、100%コミュニティベースの革新的なモデルを創り出した初めてのプラットフォームトークンである。

最近では、BishijieのファウンダーであるChenhui Tanと、Boboo.com投資者の一人を招き、「Boboo.com BOBT 2.0エコシステムの秘密」をコミュニティでシェアし、「BOBT 2.0 モデル – Bobooインフルエンサーと共に造る、持続可能でWin-Winな取引所モデル」について討論を行った。

持続可能でWin-Winな、コミュニティベースの取引所モデル

Boboo Exchangeは「持続可能でWin-Winな、コミュニティベースの取引所モデル」を構築することに力を注いでおり、マイニング収益と流通市場で大量に購入したBOBTはマイニングプールに投下され、無料でコミュニティに還元される。 現在のBOBTの時価総額は数百万ドルと推定され、将来的には数億ドルに到達する可能性がある。そのようにして、Bobooは100%コミュニティベースの取引所モデルを構築している。

BOBT2.0モデルは、本来の「買い戻し&バーン」メカニズムをアップグレードしたものであり、BOBTホルダーはトークンを保有することで収益を獲得することが可能だ。配布額は各々のBOBTエコシステムへの貢献度に応じて決まる。 簡単に説明すると、BOBT2.0モデルは「トークン保有収益+プロモーション収益」から成り立っており、BOBTユーザーはこの二つの方法を通じてBobooの既存の収益と、Bobooの成長によってもたらされる長期的な価値をシェアすることができる。

BOBT 2.0モデルでは、BoBooは「100%の現物取引手数料純利益 + Bobooが流通市場で購入した大量のBOBT +その他の通貨」、この3種類の収益がすべてコミュニティに還元される。 つまり、BOBTホルダーはマイニングプールの収益のうち、上記の3つの収益を毎日無料でシェアすることが可能である。

「トークン保有収益+プロモーション収益」の獲得方法

Bobooは革新的なコンピュータシステムを採用している。 普通のコンピュータシステムでは、保有量が多ければ多いほど、またプロモーションも多ければ多いほど収益が高くなる。しかし、大口利用者が独占的に収入を上げる状況につながりやすく、小口利用者にとって不利な状況は、コミュニティの健全な発展に悪影響を与えかねない。 しかしBobooモデルではコンピュータシステムを最適化することにより、小口ユーザーを保護することができる。これによりユーザーがプラットフォームと共に成長することを可能にし、より健全なエコシステムを確立させる。

トークン保有収益

トークン保有収益に対し、Bobooモデルは「ユーザーの自発的なポジション追加ロジック」を構築

例えば、以下の図では、ユーザーAが1,000BOBT保有で1位、ユーザーDが1BOBT保有で4位となり、マイニングプール合計は1,111BOBTとなっている。従来の計算方法では、通貨保有によるユーザーAの収益は、ユーザーDの1000倍であり、大口ユーザーのユーザーAの収益が最も高くなる。

Bobooモデルでは、ポジションではなくランキングのみを考慮する。また、最適なコイン保有数エリアを創り出し、最適なコイン保有枚数を毎日発表する。 このモデルを採用することによって、1,000BOBTを保有している大口ユーザーであっても、1BOBTのみを保有する小口ユーザーの4倍の利益しか獲得できなくなる。これにより、大口ユーザーが独占的な利益を得ることはなく、最適なコイン保有エリアのユーザーだけが最大の利益を得ることができるようになるのだ。

そうすることで、大口ユーザーは口座を分割して最適な保有数に近づけ、小口ユーザーはBOBTを購入して最適な保有数まで調整することになる。 例えば、最適な保有数エリアが100BOBTである場合、80BOBTを保有するユーザーは20BOBTを追加購入する。そして、多くのユーザがBOBTを追加購入し続けることで、最適な保有数エリアの基準が全体的に上昇することになる。

最適な保有数エリアの基準が上昇し続けることで、多くのユーザーに、ポジションを追加し最適な保有数エリアを追いかけ続けるというインセンティブが生まれる。 フラッシュバックアルゴリズムを使用することにより、最適な保持数エリアが上昇し続けると、より多くのユーザーがポジションを追加し続けるインセンティブを持つだけでなく、大口ユーザーのアカウントを分割することができ、エコシステム全体がより安定した健全なものになる。

プロモーション収益

プロモーション収益に対しても、Bobooモデルは「ユーザーの自発的なポジション追加ロジック」を構築

下記の図を例にすると、コミュニティリーダーは4人を招待し、Aユーザーは10万BOBT、Dユーザーは100BOBTのポジションを保有している。従来の計算方法では、コミュニティリーダーのプロモーション計算力は111,100となり、プロモーション収益の大部分を独占してしまう。

Bobooモデルの計算では、BOBTを最も多く保持している大口ユーザーの平方根を取ることで、大口ユーザーの独占的な収益力を弱め、より多くの小口投資家にインセンティブを与えることができる。また、これは同時に大口ユーザーによるダンプを防ぎ、市場価格を安定化させることで、システムの健全かつ安定的な成長をサポートする。

BOBT 2.0モデルはユーザーにどのような価値をもたらすのか?

BOBT 1.0モデルは、BobooがBOBTを買い戻した後バーンするメカニズムであり、Boboo.comは週に一度、現物取引手数料収益の100%を使用してBOBTを永続的に買い戻しバーンしていた。Boboo.com 2.0モデルでは買い戻しとバーンは行わず、BOBTを持っている人は永続的に「トークン保有収益+プロモーション収益」を享受することができる。

このモデルはBOBTを持っている人にに以下のような利益を与える:

1.発行上限による、価値の大きな上昇。

Bobooモデルは絶え間なくBOBTに力を与え、BOBTの価値を高める
BOBTは3月に誕生し、出力メカニズム・買い戻し&バーンメカニズム共に、BOBTの希少性を高めてきた。そして、これがBOBTが業界で最も過小評価されているプラットフォームトークンである理由である。BOBTの総発行上限は2100万枚であり、100日の限定マイニング期間でマイニングされなかった1735.6万枚のBOBTはすでにバーンされた。7/4現在、実際に市場に流通しているBOBTは、たったの364.4万枚だ。

現在、市場で流通している364.4万枚の BOBTは、100%が現物取引のリワードで配布されたものだ。また、私募とチーム保有はなく、追加発行は永遠に行われない。Bobooユーザーの総人口は100万人以上に昇り、プラットフォームが発展するにつれて、プラットフォームの価値・評価もさらに絶え間なく上昇し続ける。BOBTの総数は今後変わることはなく、1枚のBOBTの価値は将来的にますます高くなっていくだろう。

2:ダブルプロフィット、プラットフォームの収益をシェア
BOBTを持っている人々は、プラットフォームの成長に伴う、BOBTの価値上昇を体感できるだけでなく、「トークン保有収益・プロモーション収益」の二つの利益を同時に享受することができる。BOBT保有で収益を獲得でき、さらにプロモーション貢献度が高ければ高いほど、多くの収益を獲得することができる。

BOBT流通量は常に一定で増えることはないため、希少性が高まりさらに保有者にとって大きな利益をもたらす。

3:100%コミュニティベース、全ての収益をコミュニティに還元
先述したとおり、BOBT2.0モデルは 100%コミュニティベースだ。全てのBOBT保持者、及びプロモーターは利益を共にシェアすることができ、Boboo.comは全ての収益を毎日コミュニティに還元し続ける。またマイニングプールは以下の3つのパートで構成されている:

第一パート:Boboo現物取引手数料収入の100%;
第二パート:流通市場からのBOBTの買い上げ;
第三パート:取引所・プロジェクトから注入される、数多くのトークン;

4:大きいリワードを共に創り、利益をシェア
BOBTはBobooコミュニティの自律性を深めるための重要なキャリアであり、プラットフォームの権利と利益を証明する唯一のパスだ。BOBT 2.0モデルはBoboonのコミュニティベースの運営組織「共に創り、共に管理し、利益をシェア」の基礎となっている。

BOBT1.0によって、BobooがBOBT保持者をBobooの「株主」にしたのであれば、BOBT2.0はBobooの株主の利益を高める重要な原動力となる。 したがって、BOBT2.0モデルは、投資家をプラットフォームの利益をシェアする共同体となり、プラットフォームの成長と共に、プラットフォームの長期的な価値をシェアすることを可能にするのである。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー