世界初スマートコントラクトのプライバシー保護を実現するQURAS、ビジネス開発部門を立ち上げ。

ブロックチェーンプロジェクトのQURASが、テストネットの一般公開に先立ちビジネス開発部門を立ち上げた。

パブリックブロックチェーンが社会の情報インフラとして浸透していく上で、ブロックチェーンを利用した取引が個人から企業へ拡大していくことが見込まれている。そこで必要となるのが、取引のプライバシーが守られるということだ。

現状のパブリックブロックチェーンは、スマートコントラクトの取引が全世界に公開されるため、プライバシー性が求められる分野には向いていなかった。そのため、取引のプライバシーが求められる分野にブロックチェーンを利用する場合、クローズド環境のブロックチェーン(プライベート、コンソーシアム)を選択せざるを得ないといけない。

QURASでは、匿名技術を使うことにより、パブリックブロックチェーンであるにもかかわらず、スマートコントラクトの取引を非公開にすることが可能だ。こ