プレスリリース

2016年からアジア中心に展開されている主要暗号通貨マイニングするmiPool社は、今年8月に日本向けのFilecoinジェネマイニングは日々堅実な配当を出し続けている。

この度、ETH2.0ステーキング及びXRPのSparkTokenエアドロップ取得代行サービスをスタートした。

1. XRPエアドロップ獲得ーSpark Token($FLR)

Flare NetworksがXRP保有者に対し、ネイティブトークンSparkの付与(エアドロップ)を発表した。

Sparkトークンを1000億枚発行する計画で、その内の450億枚はXRPを持つユーザへ1:1比例でエアドロップする。

数値は日本時間2020年12月12日(土) 09:00スナップショットを撮り、以下の算式で算出する:

受け取れるSpark=保有するXRP÷(全てのXRPーリップル社(関連企業含む)が保有するXRPー参加しない取引所が保有するXRP)×450億

Sparkトークンの受け取る資格を持つユーザーにはまず保有するXRPトークンの15%に相当するSparkトークンが付与される予定で、残りの85%のSparkトークンは最低で25ヶ月、最大で34ヶ月の期間にかけて順次分配する計画としている。

毎月の付与される比率は2%から4%の範囲でFTSO(Flare Time Series Oracle)と呼ばれるオラクルによってランダムに決定されることになり、このプロセスはトークンが全て付与されるか34ヶ月が経過するまで継続される予定だ。

2. イーサリアムETH2.0のステーキングサービス

待望なETH2.0「ビーコンチェーン」は2020年12月1日にフェース0本格的にスタートした。

ETH2.0はPoWからPoSマイニング方式に変わり、ETH2.0バリデータにステーキングすることで年率20%-5%前後のボーナスが獲得できる。

しかしバリデーターになるには32ETHを投資する必要がある上、ユーザ自身でバリデータのサーバ設計と運営保守する高いハードルがある。

ETHmiPoolのサービスを利用することにより、0.1ETHからの少額投資ができる。

ETHベースでの元本保証、年率15%前後のハイリターン、ローリスクの収益を確保できる。

ETH2.0バリデーターノードの技術開発、保守メンテなどすべて当社側が行う。

当社はステーキングサービス全体収益の20%を手数料としていただいている。

弊社の第一号ETH2.0バリデータをご参考いただきたい。

3.Filecoinクラウドマイニング第三号の新規募集

今年8月に日本向けのFilecoinジェネマイニングサービス第1,2号は:https://jp.cointelegraph.com/press-releases/filecoin-filmipool

日々堅実な配当を出し続けている。

これに続き、第三期のFilecoinクラウドマイニング募集を現在始めている。

FILmiPoolのマイナーの日々稼働状況は現在情報公開している。詳しくはこちら

必要なメジャーコインのマイニングサービスは miPool社へ無料お申込みいただきたい。

https://mipool.one/
miPool team
2020

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー