デジタル資産および暗号資産取引プラットフォームの大手であるMEXC Globalは、新しい経済を後押しするPOS+コンセンサスアルゴリズムを導入したブロックチェーンプラットフォームであるSymbolとのパートナーシップを発表します。

Symbolは新しく作られたL1ブロックチェーンで、別のVMを通してのみプログラムすることができます。開発者に知られているプログラミング言語であるC++で書かれており、JavaをサポートしながらAPIモジュール方式で構築できるため、企業のアプリケーションを簡単に設計することができます。Symbolのマルチシグやアグリゲートトランザクションの機能は、プラットフォームが提供するコントラクトツールと連動しており、契約条件に従って生産物の支払いが自動的に行われるようになります。

Symbolのスマートコントラクトは、関係者のマルチシグによって修正できるため、途中で契約が変わってもイーサリアムのようにスマートコントラクトを書き換える必要がない。何より、SymbolのPOS+コンセンサスアルゴリズムは、Txチャージが最も低いノードに取引をルーティングするように設計されているため、ノードの競争により取引価格を低く抑えることができ、処理速度は約100TPSとEthereumのおよそ10倍の速さであるという。

Symbolは日本や韓国でカルト的な人気を誇り、世界でも急速に拡大している。コミュニティは主にTwitter、Discord、LINE、KakaoTalkで見ることができます。このエコシステムの中で、Symbol上に構築された最も注目すべきプロジェクトには、QUEST、SYMBOARD、NFT DRIVE、COMSA、その他が含まれます。

クリエイターエコノミーの台頭により、ブロックチェーン技術は、単純な暗号識別子以外の複雑な価値を取引するためにますます活用されるようになっています。Symbolは、ユーザーがデジタル・トークンで価値を定義し、交換することを可能にする効率的な市場を提供することで、既存および新興の経済を破壊することを目指します。

MEXC GlobalはSymbolチームとその初期段階から密接に連携しています。世界中に700万人以上のユーザーを持つMEXC Globalは、Symbolプラットフォームがより大きく強力なコミュニティを構築するのを支援するだけでなく、破壊された市場と機会の平等をグローバルなスケーラビリティで簡単に見つけることができるSymbolエコシステムのプラットフォームを繁栄させるための主要な貢献者となることが期待されます。

MEXC GlobalではSymbolとのイベントを順次開催していきますのでご期待ください。また、MEXC GlobalのTwitterTelegramで最新情報をご確認ください。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのサービスをワンストップでユーザーに提供し、700万人を超えるユーザーを抱える暗号資産取引プラットフォームです。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界での経験を有しています。
詳しくは、ウェブサイトブログをご覧ください。TwitterTelegramでMEXC Globalをフォローしてください。