Bitgetはシンガポールに本社を置き、シンガポールのMAS金融管理局から発行された運用免除を受けた取引所である。 2018年のローンチ以来、Bitgetはデリバティブ市場に焦点を当てており、公式データによると、Bitgetは現在全世界で110万人以上の登録ユーザーに先物取引サービスを提供している。 Bitgetは、世界で最も有名な市場分析サイトであるCoinMarketCapCoinGeckoのデリバティブ取引所ランキングにおいて、6位にランクインしている。さらに、ヨーロッパのブロックチェーン情報プラットフォームとして広く知られているCryptoadventureでは、Bitgetの総合スコアはBinanceやOKExと同様の95を獲得した。

昨年からBitgetはグローバル市場を拡大しており、東南アジア、ロシア、北米などの国や地域に進出し、ベトナム、インド、ロシアなどに支社を構えている。 ローカライズの過程で、Bitgetはアメリカ、カナダ、オーストラリアで金融ライセンスを獲得した。 また、Bitgetは、プロダクトやサービスの面でも既に日本語に対応している。

Bitgetの製品は、ライトユーザーだけでなく、ヘビーユーザーのニーズにも応えられるように科学的に設計されている。 契約取引に関して、BitgetはUSDT建ての契約取引と通貨建て契約取引の両方に対応しており、BTC、ETH、LTC、EOS、XTZ、ATOMなど17種類のメジャーコインとその他人気コイン両方の取引サービスを提供しており、ユーザーの様々な取引ニーズ対応している。

ヘビーユーザーの観点では、BitgetはBitMEXやBybitと似ており、プロトレーダーの取引ニーズに応えるている。 クロスマージンと分離マージン、利確・損切り設定、快速ポジションオープン・クロース機能など、40以上の機能があり、ユーザーはリスク管理をしっかりと行うことができる。また、 より多くの取引ユーザーのニーズに応えるために、BitgetはLiteバージョンをローンチし、初心者ユーザーにも親しみやすい取引環境を整えた。

Bitgetは昨年5月、人気機能の「ワンクリックコピー」をローンチした。これにより ユーザーは常に相場を見張る必要がなく、プロフェッショナルなレーダーの取引を簡単にコピーすることが可能になった。現在、Bitgetには3,800人以上のエリートトレーダー(コピーされる側)が参加している。

セキュリティ面にもBitgetは力を入れている。 自社開発のマッチングエンジンにより、安定した製品のアップデートを保証し、ホットウォレットとコールドウォレットの管理を分離することで、ユーザー資産の安全性を確保している。 特筆すべきは、Bitgetはローンチ以来ダウンタイムを経験したことがなく、多くの極端な相場もスムーズに乗り切ってきたことだ。 国際的に有名な第三者セキュリティ評価機関であるCERは、Bitgetに最高のセキュリティ評価である3つ星を与え、SSLセキュリティ認証では、12の評価指標においてA+を獲得した業界唯一の取引プラットフォームである。

Bitgetはユーザーサービスにも力を入れている。 ユーザーは、Bitgetの操作方法紹介ビデオやグラフィックチュートリアルをウェブ上で簡単に入手することができ、新規ユーザーが取引を行う際にも問題が起こらないような対策をしている。

Bitgetでは、コミュニティユーザーの活性化を図るために、毎週テレグラムコミュニティで、ポスターシェアキャンペーン、通貨価格予想キャンペーン、定期的な取引コンペティションなどの面白いキャンペーンを開催し続けている。公開データによると、Bitgetは昨年キャンペーンで$120,0000以上のボーナスを配布した。

BitgetグローバルCEOのサンドラ氏は次のように述べている:システムデータによると、グローバル市場では日本と韓国のユーザーが多く、グローバルユーザーの37%を占めている。日本からのオーガニックトラフィックが多かったことを受け、日本語対応を開始した。

Bitgetは昨年7月に1,000万ドルのシリーズB投資を終了した。ブロックチェーンメディアのcointimeによると、現在Bitgetの市場価値は10億ドルに達している。
現在、Bitgetはグローバルパートナー募集プログラムを開催しており、Bitgetグローバルパートナーになることで、最大60%のコミッションを受け取ることができる。

Bitgetパートナーになるには、以下の連絡先にご連絡ください。
Email:makoto@bitget.com
Telegram:makoto0086
Twitter:@BitgetMakoto