プレスリリース

Revutoは、仮想通貨によるサブスクリプション決済ソリューションである。カルダノのスケーラブルなスマートコントラクトネットワーク上で構築されたRevutoは、ユーザーのデジタルウォレットをデジタルバンクに変換、お気に入りの製品・サービスすべての決済をサポートする。

5月18日、Revutoのパブリックトークンが販売される。これにより仮想通貨コミュニティでREVUトークンを取得し、カルダノが構築する決済エコシステムにおいて請求をステークする機会が提供される。

まずは、Revutoが解決する課題を整理し、カルダノがローンチする理由を説明する。

サブスクリプション決済:良い点と悪い点

サブスクリプションは便利である。ソフトウェア、デジタルメディア、化粧品、食料品の宅配サービス、コンテンツストリーミングなど、気に入った製品を購入することができる。

しかしサブスクリプション決済は、設定に時間がかかる上に解約が難しい。人の忘れやすい性質を利用したシステムにより、結果として消費者は過剰な費用を払わされ、十分なサービスを受けずにいる。クレジットカードの明細をよく見れば、かなり昔に設定し解約を忘れている支払いがあることに気付くことだろう。これに対する改善法がある。

DAppをタップして支払いを完了

多くの人が仮想通貨は未来の金融であると考えている。我々も、そしておそらくこの記事を読んでいる読者もそうであろう。仮想通貨は、デジタル世代、インターネット世代、ミレニアル世代、Z世代、そして従来の金融システムの崩壊や、分散型のキャッシュが実行可能な代案となることに気付いている人々たちに選択される通貨である。

しかし、デジタル通貨がすべての悩みを解決する万能薬だと考えないようにするのが賢明だ。大量処理が可能なレッジャー、ユーザーフレンドリーなウォレットなど、ブロックチェーン技術で作成されたすべての利点をもってしても、仮想通貨にはまだ出来ないこともある。例えばサブスクリプション決済がその1つだ。

しかしそれも過去の話となる。

Revutoは、仮想通貨の進化における次のステップとなるものである。NetflixからSpotify、化粧品からディナーキット、SaaSからオンラインニュースまで、Revutoは現代の生活を形作る必需品の購入において発生する決済手段を作成し、これを維持するためのシンプルな方法を提供する。

カルダノのスケーラブルなインフラストラクチャ上に構築されるRevuto DAppは、デジタル資産を高め、仮想通貨の自由参加型の利点を活かしながら、フィアット通貨の利便性を兼ね備える。Revutoデビットカード(今後発行予定)を使用して好きなサービスを定期購入し、ステーブルコインを含むカルダノのネイティブトークンで支払いを行う。

Revuto Dappでできることは、以下の通りである。

  • 数回のクリックだけでサブスクリプションを登録・解約
  • サブスクリプション料金の発生時に「ブロック」「スヌーズ」「承認」を設定
  • カルダノ(ADA)やREVUなどのトークンを使用して製品・サービスの決済とサブスクライブを実行
  • REVUをステークして追加機能をアンロックし、リワードを獲得
  • 登録したサブスクリプションに対し、REVUでキャッシュバックを獲得
  • 友人を紹介してREVUトークンを入手

Revutoが解決する問題の一部を紹介するだけにとどめているが、オンライン決済に有用性をもたらす上に、最初のソリューションであることによる利点も得られるだろう。

近いうちに、さらに詳細を発表する予定である。構築されるソリューション、そしてカルダノのエコシステムにおける意義という面で、カルダノでローンチされる最初のプロジェクトの1つであるRevutoへの期待は高い。これらの期待に応えるよう努めているので安心していただきたい。しかしすべてにおける極めて重要な資源であるユーザー、コミュニティなしではこれは実現不能である。

ソーシャルメディアでカルダノをフォローし、速く、安全で、かつシンプルなより良い仮想通貨による決済の新たな時代を先導する我々の挑戦を広め、参加していただきたい。

サブスクリプション決済が仮想通貨のキラーユースケースになることは間違いないだろう。ぜひ、カルダノが仮想通貨によるサブスクリプション決済を成功させる過程を見届けていただきたい。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー