移民申請プラットフォームMigranetプロジェクトがIDAXを通じてローンチ

Migranetは日本時間2019年5月16日午前11:00にIDAXでのIEOをローンチします。ユーザーはIDAXを通じて直接MIGトークンの購入が可能です。

IEO期間中、Migranetは2019年5月16日に25%OFFの0.15ドル、2019年5月17日には10%OFFの0.18ドルで合計21,111,000 MIGトークンをIDAX登録会員向けに販売します。

Migranetプロジェクトとは

Migranetは、AIとブロックチェーンを搭載した世界で初めての移民のためのグローバルプラットフォームです。Migranetは、移民申請処理を自動化することで、移民および認定された入国管理担当者にワンストップソリューションを提供します。移民の職能評価の支援も可能であるため、このソリューションは移民受入国入国後のセレクションにも統合されます。

移民申請の際、職能評価の前にMigranetプラットフォームを使用し、職業上の資格情報および経歴書をアップロードします。それらの情報はブロックチェーンに保存されます。内蔵のスマートコントラクトにより、移民を詐欺、不正行為、および虚偽表示から守ります。

Migranetプラットフォームでは、移民申請プロセスにおいて移民認定された移民を支援する規制、方針、および判例法が自動更新されます。

Migranetのエグゼクティブチームおよびアドバイザリーボードは、メンバー総計300年以上にわたるリーダーシップの経験があり、テックスタートアップやソフトウェア開発の立ち上げとグロースを続けています。上級管理チームは、ビジネス、移民、人事および法律の専門家で構成されています。

IDAXについて

IDAX(www.idax.pro)は、GBC(Global Blockchain Research Center)発の国際的仮想通貨プラットフォームです。IDAXは2017年に設立され、数ヶ月以内にコインマーケットキャップでトップ10にランクインしました。私たちは世界中のIDAXユーザーに便利で安全で高速な仮想通貨取引サービスを提供しています。

2019年1月に財団を立ち上げた後、IDAXは個人投資家の間で1000万ドル以上を資金調達し、現在Migranetトークンをローンチすることにより、個人がプロジェクトを支援する機会を提供しています。

過去1年間、多くのブロックチェーンプロジェクトは取引所に上場することのない、いわゆるパブリックセールを行い、詐欺やセキュリティ問題のリスクを高めました。

IDAXはプラットフォームのすべてのユーザーを尊重し、長期的な観点からユーザーとの関係構築を目指します。世界をリードする取引所の一つとして、私たちは取引所によって生み出され、そして促進された初めてのユーザーのコミュニティシステムを構築するよう努めます。私たちのプロダクトとサービスがユーザーの生活の一部となることで、ユーザーと社会に喜びとより多くの機会をもたらします。