プレスリリース

VRゲームとブロックチェーンの出逢いが、大作クロスオーバーゲーム『Age of ILCOIN』を生んだ。

バーチャルリアリティゲームは近年急速に需要を増しており、2020年の市場規模は10億ドルを超えると予想される。特にOculusデバイス用のVRゲームは、2024年までに売上をさらに倍増させる可能性がある。

VRゲームはウィズコロナおよびポストコロナの大きなトレンドだ。ゲーム業界全体の市場規模も年間1,390億ドルに達し、年平均9.7%の成長率で成長している。ポジティブな成長予測によると、2022年の市場規模は2,000億ドルに達する。

SYDYGのCEO、Ramiro Faro Vélez氏は次のように語る。

「私たちのゲームは楽しさはもちろん、未知の可能性を追求している。『Age of ILCOIN』は新しく巨大な市場機会をものにするための先駆例となるだろう」

さらに、

「VRゲーム業界は、すでに数十億ドルの市場規模となった。ゲームファンたちはゲーム内での新しい体験のために、『課金』を惜しまない。課金システムにブロックチェーンと仮想通貨を使えば、素晴らしい結果が得られるだろう」

と語った。

このような市場環境を受けて、『Age of ILCOIN』プロジェクトは、魅力的なVR体験とブロックチェーンによる収益性の両立を実現させるためのチームをつくった。Oculus Rift用に開発された本作品は、さまざまなメーカーの作品内に登場するキャラクターを集めた、クロスボーダーゲームだ。『Age of ILCOIN』は近日中に、Oculusアプリストアで公開される。本作品はSteam初のブロックチェーンゲームであり、ゲーム内課金の方式にセンセーションを引き起こすだろう。

本作品はSYDYG総指揮のもと、ILCOIN、SPECTER、FOCKAGAMES、NEON SAVAGE、の共同で開発された。

『Age of ILCOIN』は現在Oculusアプリストアでの公開待ちで、開発チームはコンソールリリースのための交渉を進めている。本作品のストーリー、キャラクター、グラフィックには、ILCOINのコア開発者も関わっている。彼らは、SYDYGおよび他社クリエーターとのコラボにより、ブロックチェーンベースのトランザクション機能の実装に成功した。

ILCOINは2015年に開発された仮想通貨で、複数の取引所で取引されている。発行総量は約25億枚で、現在その3分の1が流通している。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー