プレスリリース

ここ数年、仮想通貨について、特にそれがあらゆることをどのように変えてきたかを話題にすることが多くなってきている。10年前に銀行を必要としない取引を提案したとしても、ただの思い付きとしてあしらわれていただろう。

仮想通貨は、従来の銀行サービスに代わる方法を提示し、この考え方をすっかり変えてしまった。安価な取引手数料、安全なプラットフォーム、そして政府の管理が関与しない金銭を保持できること。多くの人々がこれを第一の理由に仮想通貨を扱い始めた。

時間の経過とともに、仮想通貨業界はブロックチェーン技術を利用して現実社会の問題に取り組むセクターを増やし、拡大を始めた。これはデータ管理にブロックチェーン技術を使用したり、分散型アプリを構築したりする他のセクターにも拡大した。

近年、特に発展した分野がトークン化である。実際に取引可能な資産を示すブロックチェーンを発行するプロセスであるトークン化は可能性をもたらした。

革新的なブロックチェーンプロジェクトであるStudent Coinは、教育セクターにトークン化をもたらすエコシステムを提供する。

Student Coin

Student Coinは、学生および教育機関がトークンを構築する環境を作成するために設計されたブロックチェーンプロジェクトである。さらに、このプロジェクトは教育セクター内にブロックチェーンの導入を促進する包括的な製品群も提供する。

ウェーヴス(Waves)およびイーサリアム(Ethereum)で構築されたStudent Coinのエコシステムは2つのブロックチェーンネットワークを組み合わせ、包括的かつ簡単に理解できるプラットフォームを設計する。またStudent Coinは、ブロックチェーン初心者や学生が様々なコースを学習できる教育セクションを提供する。

このコースは5つのセクションに分かれており、トピックを見ると学生向けに最適化されたカリキュラムが用意されている。学生はブロックチェーン技術の基礎を学ぶことができ、Student Coinエコシステム内の仮想通貨を含む異なる種類の仮想通貨について学習できる。

最も注目を集めるセクションは今年第三四半期にローンチされる予定のSTCターミナルである。STCターミナルはトークン化のプロセスが行われる場所であり、トークンを作成するためのローンチパッドとして設計されたプラットフォームである。

このターミナルはカスタムトークンやDeFiトークン、NFTトークンの作成をサポートする。Student Coinチームは、誰もが簡単に使用できるツールを備えたターミナルを構築している。STCターミナルで作成されたトークンはSTCトークンにペグされ、セントラルリファレンストークンとして機能する。

さらにStudent Coinは、ユーザーがトークンを保管できる組み込み型のウォレットも提供する。このウォレットではビットコインやイーサリアムを含む複数のコインをサポートする広範なダッシュボードを提供する。

Student Coinは、STCトークンと言われる独自のユーティリティトークンを使用してこのプロジェクトを実現する。STCトークンがStudent Coinプロジェクトを促進し、また技術的な知識がなくても学生や教育機関が簡単にトークンを作成できるようにする。

STCは、個人がパーソナルトークン、DeFiトークン、NFTトークンなどの様々な種類のトークンを作成するために必要となるガストークンの形式として機能する。

Student Coinプロジェクトを率いる人々

Student Coinは、CEOのWojciech Podobasが率いる、12ヶ国に及ぶ国からの44名のチームによって運営されている。Podobasは過去に金融および仮想通貨に関する書籍を2冊執筆している仮想通貨の第一人者である。またチームは、ハーバード大学やスタンフォード大学などの優れた教育機関の著名な学者たちによって構成されている。

Student Coinの最近の展開

Student Coinの主な強みの1つに、コミュニティが開発するレートがある。最近Google PlayとApple StoreでローンチされたStudent Coinアプリは、1週間で3万ダウンロード以上を記録した。

現在このプロジェクトの印象は良好であり、多くの人が期待を持っている。またStudent Coinは、取引所でローンチされる最初のトークンはSmart Marketingトークンであることを発表した。トークンのローンチは5月を予定しており、ブロックチェーンプラットフォームの新たな幕開けとなることが期待される。

Student Coinに関する詳細は、https://www.studentcoin.org/を参照。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー