プレスリリース

コミュニティが仮想通貨NEMやSymbol、ソーシャルマイニングを活用してNEMの普及に貢献する活動やSNSなどを通じたマーケティングなどを行うことで報酬が得られるプラットフォーム 「NEM HUB(ネム・ハブ)」が正式にローンチされた。

7月15日に実施されたグローバルローンチによってNEM HUBは、ユーザーの数やエンゲージメントなどNEM/Symbolコミュニティに大きな寄与あった。実際にNEMソーシャルメディアのインプレッション数が10倍になっており、コミュニティの活動が活発化している。

NEM HUBは2020年6月12日にソフトローンチを完了させており、ミュニティの貢献活動は様々な国に拡大。プラットフォームUIと用語のローカリゼーションと翻訳には、かなりの時間要していたが当初予定していた7月1日に完了している。

そしてNEM HUBについて。コミュニティでは、NEM HUBプラットフォームの登録後、プラットフォームへの貢献活動を行うことで報酬を得ることが可能である。コミュニティはNEM HUBと自身のツイッターアカウントを連携させ、いいねやRTなどの貢献をすることで報酬を得ることができる。もちろん貢献方法が多岐にわたる。

NEM HUBは2020年7月15日の時点で、46カ国に広がるユーザー数は869。46か国から410人の週間アクティユーザーが存在しており、1番大きなコミュニティは日本、続いてウクライナ、ロシア、インドネシア、フィリピンという状況だ。また、アクティブなコミュニティ言語グループには、日本語、ロシア語、インドネシア語、トルコ語、イタリア語、ドイツ語が含まれ、今後のローカリゼーションには、スペイン語とドイツ語が含まれる予定だという。

さらに現在では、NEMコミュニティからのリクエストによって、NEM HUBはユーザーの要望にリアルタイムで対応することを目的にTelegram groupを開設。ここではHUBに関する提案、質問、問題への対処するHUBサポートが行われている。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー