プレスリリース

これにより、BitgetユーザーはTradingViewの取引画面で、Bitgetのすべての契約取引ペアを閲覧可能になる。

Bitget最大の利点の一つは、強力なユーザー体験だ。 ユーザーは、TradingViewのトップページの検索バーに確認したいトークンの名前を入力し、右側のBitget取引所を選択するだけで、そのトークンの約定相場を閲覧・追跡することが可能だ。

Tradingviewは世界最大級のオンライントレーディングコミュニティであり、毎月数千万人のアクティブユーザーが取引情報を共有している。 また、Bitgetユーザーはコミュニティでの取引やリアルタイム情報の共有により、最新の情報を得ることができる。 現在、「Binance」「Firecoin」「OKex」などの主要取引所がすでにデータ連携を行なっている。

Tradingviewは、登録情報、会社管理、データの真正性を確認するだけでなく、暗号資産交換事業者に対して、規制のある国や地域での規制ライセンスの申請を求めている。 Tradingviewが取引所のリストを細心の注意を払って行なっていることが、Bitgetがコンプライアンスに則っていることを証明しているとも言えるだろう。

Tradingviewのテクニカル分析チャートには、100種類以上の人気指標と50種類以上のスマートな描画ツールが用意されている。 プロフェッショナルなアイコン表示と強力で堅牢なアラームシステムは、ユーザーの取引を手厚くサポートする。 わかりやすいアイコンで直感的に見ることができ、取引のプロであるユーザーとの情報の非対称性を減らすことができるので、先物取引の初心者には大きな助けとなるだろう。また、これは「全てのユーザーにサービスを提供する」というBitget独自の製品コンセプトにも合致している。

Bitgetは常にサービス向上に努めている。 昨年下半期には、APIを全面的に開放し、専門的なAPIパッケージングシステムCCXTの導入や、専門的な定量取引ツールGunbot、Aotoview、FMZ、SiriusTraderなどを導入するなど、取引ツールの充実を図った。 一方、Bitgetは今年に入ってから、契約ペアの種類を増やすためにハイブリッド契約を開始した。また、より多くの新規ユーザーが暗号資産市場に参入しやすいように、グローバルに法定通貨の購入チャネルを開設した。

特に、今年初めに発売したハイブリッドコントラクトは、インバース取引の先物は当該通貨の取引にしか適用されないという従来の取引方法を変え、スワップなどのオペレーションを経ることなく、一つの通貨を複数の通貨ペアの証拠金として同時に使用することができるようになった。 取引の際には、スワップの過程で発生する手数料が必要なく、極めてシンプルな操作で、しかも証拠金通貨の上昇による利益を得ることができる。

デリバティブ業界を率いるBitgetは、現在、USDT建て契約、USDTプロフェッショナル契約、インバース契約、ハイブリッド契約の4つの契約取引をサポートしている。 取引可能なコインは24種類と多く、主流のコインから人気アルトコインまで網羅しており、最大レバレッジは125倍だ。 データによると、Bitgetは全世界で120万人以上のユーザーに取引サービスを提供しており、1日の最大取引額は50億ドルに達している。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー