ビットコイン10周年を記念するハードフォーク:myGeNomeCoin Generation

19年1月3日、ビットコインシステムが始まって10周年を迎える。初のブロックチェーンネットワークであるビットコインは分散システムであり、その取引記録は世界にまたがる約10,028のノード上で作成と保管が行われている。しかし、その10周年記念を祝う正式な催しは計画されていない。ここでマーケティング活動を行えばビットコインシステム全体の利益になるが、自ら予算を投じてまで実行しようとしている組織は存在しない。そこで、GNCがビットコインの誕生10周年を記念するイベントとして役割を果たせば、その不足が満たされるだろう。

19年1月3日0:00(協定世界時)に、ビットコインのUTXOのスナップショットが撮られる。その時点でビットコインが保管されているアドレスを用いて、後に、同数のGNCに換金する申請を行うことができる。言い換えると、ビットコイン保有者は保有するビットコイン一つにつき、一つのGNCに換金できるということだ。

GNCは「スナップショット」という稀なアプローチを用いて生成される。その理由は、ビットコインのエコシステムやビットコイン保有者は実績に裏打ちされた価値を有しているので、ビットコインがデリバティブであるGNCの原資産として役割を果たせるからである。ビットコインは他の仮想通貨と比べて多数の長期投資家を抱えているが、その投資家の多くは価格変動にも簡単には動じない。実績豊富なビットコインエコシステムのコミュニティーは、ゲノムベースの共有経済エコシステムの種を蒔くのに最適な場所である。各ユーザーのゲノム識別子(genome identifier)を保護しつつ、ゲノムデータの活用を追求することが可能だからだ。

GNC Generationと一般的なハードフォークには、2つの大きな相違点がある:

  1. GNCがこれまで行われてきたハードフォークと異なるのは、GNCは定められた期間中(19年2月~5月31日)にしか換金の申請を出すことができないという点だ。
  2. 鍵の紛失が理由で、500万以上のGNCが未申請に終わると予想されている。そこで我々は未申請のGNCを復活させ、ゲノムデータという名の公共の利益が、GNCプロジェクトの基盤的な枠組みであるということを周知するための宣伝費用として用いる予定である。申請期間の終了後、MyGenomeBox(MGB)上のウォレットに保管された未申請コインの金額のうち、330万を上回る分がただちに不可逆的なアドレスに送金され、焼却される。発行者が過度の統制力を持つのを防ぎ、不確実性を最小限に抑えるためである。

これによりGNCの総流通量が明確になるので、シンプルかつ透明性のある方法のもとで、GNCエコシステムが幕開けを迎えることが可能になる。したがって、違法行為や怪しいルートを通して取得された大量のコインが参加する可能性が低く、GNCとビットコインとの差別化がなされるのである。

ビットコインは他の仮想通貨と比べて多数の長期投資家を抱えているが、その投資家の多くは価格変動にも簡単には動じない。しかし、どの利用者が正当性と公平性を未だに維持しているのか、明確に知ることはできない。GNC Generationでは、GNCの総供給量から失われたコインと不法に取得したコイン(ハッカーのウォレット)を排除することが可能であり、ビットコインよりも高い予測可能性が実現される。さらに、GNCはビットコインのエコシステムに透明性をもたらす。なぜなら、ビットコイン保有者がGNCの申請を行う際のパターンにより、大口保有者のアドレスの性質について実態が明らかになるからである。

GNCはコイン・エコシステムとして世界で初めてビットコイン・コミュニティーを活用する。GNCエコシステムの開始と共に、GNCの総供給量の80%が、ビットコイン保有者を対象に換金される。この基準的な価値こそが、GNCエコシステムとICOトークンとの違いを生んでいる。発行者がトークンのプリセールやエアドロップを行う必要はない。

GNCの進行は一般的なICOと異なる。大量のコインを前もって販売して資金調達を行うのではなく、適切に構築されたコインを軸としたエコシステムの構築を行うのである。なぜなら、トークンセールの目的はエコシステムを構築することだからである。

6年の期間を通して、MGBの管理の下で300万のコインが分配される。市場の混乱を最小限に抑えるため、計画的な手法にしたがって行われる。また、公共の利益を目的としたゲノムデータの使用を促進するという我々の社会的目標に貢献してくれた人に報酬を与えるために、コインを分配する上で重要な役割を果たす予定だ。例えば、特定の病気を罹った患者がゲノムデータの共有を申し出てくれた場合、報酬で報いる必要がある。

失われたビットコインを復活させるという挑戦的なアイデアに対する仮想通貨コミュニティーの反応に、注目が集まっている。大口のビットコイン保有者の何人がGNCの申請を行うか、いくつのウォレットが移動するかは、注目に値するだろう。

ご質問がある場合、または詳しい情報が必要でしたら、www.mygenomecoin.com をご覧になるか、dshin1104@mygenomebox.com までご連絡ください。