プレスリリース

かのAppleの共同創設者、スティーヴン・ウォズニアックが、新しいブロックチェーンプロジェクトの開発に専念しているという。その名も、『Efforce』。ブロックチェーン技術の活用により、エネルギー効率の向上を企図したプロジェクトへの資本参加を容易にすることで、環境・エネルギー問題に革命をもたらすという野心的なプロジェクトだ。Efforceはすでに、100%トークン出資の取引プラットフォーム『HBTC.com』上で、WOZXトークンを発行した。ウォズニアックが支援するハイテクチームとブロックチェーン業界の精鋭たちのコラボは、はたしてどんな化学反応を見せてくれるのだろうか?

資金提供者とエネルギー技術者を結びつける。Efforceは、万人のエネルギー市場への資本参加を可能にする、世界初のブロックチェーンプラットフォームである

ウォズニアックは、Appleでの成功で功成り名を遂げた後、ブロックチェーン技術と仮想通貨による社会革命のビジョンに魅了されてきたという。ブロックチェーン産業という、この若く進境著しい経済圏の熱心な信奉者として、ウォズニアックは他の分野のスペシャリストたちと共にエネルギー会社『Efforce』を起ち上げた。Efforceはブロックチェーンベースの省エネ化プラットフォームで、企業がエネルギー効率向上を企図したプロジェクトに資金を提供することで、省エネを実現するための革新的な方法を開発する。Efforceでは、『WOZX』と名づけられたトークンが発行され、投資家はこのWOZXに購入することで省エネ化プロジェクトに出資を行う。省エネ化によって達成された金銭的利益は、トークンの形で分配を受けることができる。

エネルギー市場はこれまで、個人投資家が出資するにはハードルの高い複雑な金融システムによって運営されてきた。だが、Efforceの革新的なビジネスモデルにより、省エネ化プロジェクトに貢献や出資をしたい人なら、誰でも簡単に市場にアクセスできるようになった。一方、エネルギーシステムのソリューションを開発したり、省エネ化プロジェクトを起ち上げた企業は、もう資金不足を心配したり、面倒な資金調達プロセスを経る必要はない。その代わりに、オープンな市場で、投資家や寄付者と直接交渉すればよい。トークン化は資金調達プロセスにおいて重要な役割を果たす。WOZXの発行により、出資者と省エネ化事業に資金を必要とする企業との間には、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能により改竄不可能な契約が結ばれる。省エネ化プロジェクトにより節約されたエネルギーはWOZXとしてトークン化され、出資者に分配される。
 
「Efforceの公開により、世界中の省エネ化プロジェクトに誰もが参加できるようになった。環境問題の解決につながるし、出資者は金銭的な利益を得ることができる。エネルギー業界初の分散型プラットフォームだ」とウォズニアックは語る。2,410億ドルもの市場規模を誇るエネルギー市場に零細な資本を集積するという遠大な目標は、かつてAppleがパソコンの普及を目指したときのことを彷彿とさせる。

HBTC.comのWOZXトークンは、業界最高のトレーディングシステムにより安全性が確保され、厳格な資産選択プロセスを経ている

Efforceの究極の目的を達成するための最初の関門として、WOZXトークンの設計は慎重をきわめて。ウォズニアック率いるチームは、WOZXトークンの販売にHBTC.comを選ぶことに迷いはなかった。HBTCの卓抜した技術的実績、ユーザーからの評判、業界におけるリーダー的地位を考えれば、その選択は当然ともいえる。

HBTCは2018年にJames Ju氏によって設立された。ブロックチェーンとフィンテックの専門的サービスを提供し、現在はBluehelix Groupの傘下にある。BluehelixグループはHuobiやOKExから出資を受けて、Baidu、Alibaba、Tencent、Googleといった世界のトップテクノロジー企業から優秀な人材をスカウトした。BHEXは2020年、HBTCとしてリブランドされ、当時としては革新的な「HBC 10 x買戻しプラン」と「HBTCキャプテン」のインセンティブスキームを開始した。買戻しプランでは、HBTCの収益の100%が流通市場でのHBCの買戻しに用いられ、その価格はPEの10倍(10 x PE=HBC価格 / HBC当たりの年間収益*10)で計算される。このプランの実施により、HBCの価格は234%上昇した。
 
HBTCの仮想通貨取引プラットフォームは、「安全性」「流動性」「効率性」の三本の柱で知られている。シンガポールでライセンスを受けたMAS、HBTCの取引システムは、Bluehelixクラウド上で動作しており、快適な取引と資金セキュリティを両立させる最高クラスのシステムを実現している。HBTCのトレーディングプラットフォームは2018年の公開以来、6,027件のシステムアップグレードと136,569件のシステム構成が繰り返されており、資産を毀損する事故はいまだ0件である。常時継続的なシステムアップグレードにより、HBTCの新しいシステムは今後もさらに高いレベルの信頼性を維持するだろう。 

Bluehelixクラウドトレーディングシステム

HBTCが常に重視しているKPIは、「高速性」「安定性」「正確性」だ。HBTCのBluehelixクラウドトレーディングシステムは、毎秒最大30万件の注文を処理し、注文は1ms以内に完結する。システムのアップグレード中においても、システム可動率は99.99%以上が維持されている(2020年度実績)。
 
コントラクトシステム:

ユーザーは、オープンポジションであっても、独立マージンと合算マージンをいつでも切り替えることができる。取引手数料はかからない。ユーザーは利益が出ていれば、そのすべてを引き出すことができる。
 
ユーザーエクスペリエンス:
 
スポットおよび先物取引時には、自動的にリスク許容額が計算される。

BitStodyの管理ソリューション:
分散キー生成技術(特許取得済み)により、集中保管と分散保管の両方が利用可能。
 
クオリティアセット

コインリストは、HBTCが円滑なユーザーエクスペリエンスの確保するために採用したもう1つの施策である。これにより、トレーダーとトレーディングプラットフォームにとってWin-Winの関係が実現し、高品質プロジェクトが初期段階において抱える流動性不足の問題が軽減される。HBTC.comは、デジタル資産としての適格性を確保するために、「数多くのプロジェクトから高品質なアセットを厳選する」という原則に従っている。一方、HBTCは、マーケットメイクのソリューションが不足するという、デジタル資産業界の慢性的な課題を解決するため、独自の「コインリストによるクラウドソーシング流動性イニチアチブ」を起ち上げ、マーケットメイキングモデルの再定義を行った。これらの取り組みは、ユーザー保護の責任を最重要視する同取引所のポリシーと相まって、ユーザーから高い評価を獲得した。
 
HBTC取引所は、設立以来、高品質なデジタル試算プロジェクトと今後有望なデジタル資産プロジェクトの両方の発見に取り組んできた。Efforceとパートナーシップを結ぶ以前に、HBTCは、分散型オラクルネストプロトコルや分散型エクスチェンジセルムなどの著名なプロジェクトの支援を行ってきた。

Bluehelixグループが目論むブロックチェーン繁栄への道筋 ~ エクスチェンジ、パブリックチェーン、クラウドサービスについて

Bluehelixグループは一般には取引所として認識されているが、トレーディングはBuehelix Groupが提供するサービスの3つの柱の1つにすぎない。実際、Buehelixグループは、ビジネスの総合的な発展をサポートし、ブロックチェーン技術の美しさと可能性を最大限に引き出すために、HBTCエクスチェンジプラットフォーム、HBTCチェーンBluehelixクラウドSaaSサービスの3つの柱を確立している。Bluehelixグループが提供するエクスチェンジサービス、パブリックチェーン、クラウドサービスが、業界全体の地位向上と急速な成長につながり、ひいてはブロックチェーンの繁栄につながることを期待したい。 
 
『Bluehelixクラウド』と名付けられたBluehelixグループのクラウドサービスは、世界の仮想通貨通貨取引所のための最大級の技術プロバイダである。その実績はデータが伝えてくれる。Bluehelixクラウドは世界各国に320以上の法人顧客を有し、60億ドル以上の資産がBluehelixクラウドに保管され、世界に1,500万人の個人ユーザーがいる。サービス内容も多様化しており、スポット、先物、オプション市場のシステムサポートを提供している。
 
Bluehelixクラウドは、世界の取引所プラットフォームに資金セキュリティと円滑な運用をサポートするバックボーンである。HBTCチェーンは、分散型クロスチェーンカストディのためのパブリックチェーンとして起ち上げられた。HBTCチェーンの分散キー生成技術は、DeFiのインフラとして米国で特許を取得しており、現在はテスト段階にある。メインネットは12月中旬にローンチされる予定だ。HBTCチェーンは、BTC、ETH、LTC、DOTをはじめとする10以上の主要デジタルアセットについて、異種チェーン間のクロスチェーンを可能にし、クロスチェーンのカストディとトランザクションをサポートすると同時に、プライベートキーシャーディング技術によりアセットを保護し、オンチェーンのアセットを保管する。さらに、HBTCチェーンは、分散OTCサービスを提供し、NFTの取引を支援するクロスチェーン型のDEX SaaSサービスについても公開している。DeFiインフラストラクチャとして、HBTCチェーンのAPIは、開発者からのニーズに応え、またコミュニティに対してより良いサービスを提供するために、一般公開されている。
 
Bluehelixグループは、かつてAppleが目指した理想のように、テクノロジーによって業界全体のの発展をリードすることを目論んでいる。ウォズニアックが言うように、真のイノベーションとはすべての人々の生活を改善するものなのだ。Efforceはブロックチェーンプロジェクトと旧来の産業を連携させることに成功し、WOZXの発行はブロックチェーンとエネルギー産業を未来に向かって前進させた。EfforceとHBTC.comの提携をを皮切りに、ブロックチェーンと仮想通貨産業におけるイノベーションは、遠くない将来、人類全体の財産となるだろう。


HBTC.com:www.hbtc.com
Bluehelix Cloud: https://www.bluehelix.cloud/en-us/
HBTC Chain:https://hbtcchain.io/en-us
Business Cooperation: globalbd@hbtc.com

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー