プレスリリース
Own this piece of crypto history

Collect this article as NFT

Web3開発者とdAppsに朗報。SuiブロックチェーンがRPCプロバイダにAnkrを採用したことで、Moveベースのブロックチェーン通信がきわめて容易となった。

サンフランシスコ(2022年11月22日)- 世界有数のWeb3インフラプロバイダであるAnkrは、Suiブロックチェーンの最初のRPC(Remote Procedure Call)プロバイダに採用された。Suiは、来たるべきWeb3ユーザー10億人時代のエクスペリエンスを構築できるように設計された、クリエイター/開発者本位のパーミッションレスLayer 1ブロックチェーンである。

今回の提携により、クリエイター/開発者は、Sui Testnet CommunityとPremium RPCにアクセスし、リクエストコールを行うことで、完全なノードを自分で実行した場合と同等の情報を受け取ることができるようになった。クリエイター/開発者はSuiブロックチェーン上に、安全かつスケーラブル、アップグレード可能なdAppを構築できるようになる。

Ankrのプロダクト責任者であるジョシュ・ニューロス(Josh Neuroth)氏は、「Suiの新しい技術は、Moveベースの開発やAnkrが実現するブロックチェーンへの簡単な接続と相乗効果を発揮するだろう。開発者やプロジェクトに、簡単で直感的な構築環境を提供することで、新規参入の門戸を広げている。我われはSuiをサポートすることで、Web3開発者たちが有望なエコシステムを迅速に構築するのに貢献できることを大変うれしく思う」と述べた。

AnkrのSui Testnet RPC(Remote Procedure Call)により、ウォレット、コマンドラインインターフェイス、およびdAppsを、Suiブロックチェーンに接続することができる。チェーン上の情報は、Suiノード、dApps、最終的にはエンドユーザー間で、メッセンジャーまたはブロックチェーンルータにより中継される。この中継機能により、トランザクションの実行、ウォレットバランスの入力、所有権情報の取得など、必要なタスクが実行される。

Suiは、proof-of-stakeメカニズムとMoveプログラミング言語を使用した、Layer-1チェーンである。高スループットと低レイテンシーを両立するように設計されており、毎秒12万以上のトランザクションを処理する。Suiは、さまざまなDEX、DeFiプロトコル、ローンチパッド、NFTプロジェクト、ソーシャルプラットフォーム、ウォレットをはじめ、数多くのサードパーティを惹きつけてきた。

Suiメインネットの稼働開始後は、AnkrはWeb3開発者が構築を効率化するための追加ドキュメント、機能、ツールを提供することでサポートを行う。Ankrネットワークは、今後あらゆる要求負荷に対応することで、高性能なRPCノードインフラとしての実績を積み、SuiのパブリックRPCリソースを大幅に拡張していくだろう。

Suiネットワークの持つグローバル性をより強化するため、Ankrは、低レイテンシかつ信頼性の高い接続を、世界中で動作する多数の独立したブロックチェーンノードで構成された地理的に分散された分散型Sui RPCにより提供する。

本パートナーシップを嚆矢として、Ankrは現在、Ethereum、BNB Chain、Solana、Polygon、Avalancheを含む39以上のブロックチェーンおよびテストネットから、RPCプロバイダに選ばれている。RPCは、あらゆるアプリケーションとブロックチェーンの対話を仲介する役どころだ。

Suiについて

Suiは、ゼロから設計された世界初のLayer 1ブロックチェーンである。クリエイターや開発者が、10億人時代のWeb3ユーザーたちに洗練されたエクスペリエンスを提供できるよう、Mysten Labsによって開発されている。Suiは、dApp開発を幅広くサポートする水平方向の拡張性を持ち、比類のない速度のサービスを低コストで提供する。この世界初のプラットフォームは、高スループット、即時の決済スピード、豊富なオンチェーン資産、ユーザーフレンドリーなWeb3体験を提供する汎用ブロックチェーンプラットフォームである。Suiはブロックチェーンの新たな進化形であり、来たるべき10億人時代のブロックチェーン利用者のニーズを満たすべく、ボトムアップ思考に基づいて設計されている。

詳細はhttps://sui.io/をご参照ください。

Ankrについて

Ankrは、分散型Web3インフラのリーディングカンパニーである。最先端のグローバルノード配信システムとRPCアグリゲータを駆使して、39以上のproof-of-stakeチェーンにインフラサービスを提供している。Ankrは現在、Web3全体で年間2兆以上のトランザクションを処理しており、2022年現在、BSC、Fantom、Polygonチェーンのメインインフラプロバイダとなっている。Ankrは、Liquid Staking SDK、Web 3 Gaming SDK、AppChains As a Serviceをはじめとする開発者向けツールも提供しており、dApp開発者がWeb3アプリを迅速かつ容易に構築できるよう支援している。

メディア窓口:Fabio Wehb Ferrari, fabio@ankr.com 

詳細は以下をご参照ください。: Website | Twitter | Telegram | Reddit | Discord | Medium

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー