分散型ゲーム プラットフォーム「IQeon」を応援すべき5つの理由とは

アイキューイオン(「IQeon」)は知的ゲームに特化した分散型ゲーミングエコシステムだ。同プラットフォームの特徴はプレイヤーに簡単な収益化の方法を提供していることにある。アイキューイオンでは97%のゲーマーが収益を得る機会があり、そのためには気に入ったゲームを遊んだり、モチベーションを上げるためのベットをしながら対戦を行ったり、あるいはゲームの結果に対してベットを行うだけでも良い。報酬は透明化されており支払いも自動化されている。そういったことができるのは同プラットフォームがブロックチェーンやスマートコントラクトといった技術を使用しているからだ。本欄では、アイキューイオンを応援すべき5つの理由をあげる。

1. 製品として稼働中

 なんといってもアイキューイオンのゲーミングエコシステムは既に稼働中だ。グーグルプレイアップストアからダウンロードできる頭の体操になるアプリ「IQクラッシュ」がすでに提供されている。

2.信頼のおけるパートナーたちと、素晴らしい専門家のチーム

 アイキューイオンはエストニアのスタートアップであり、様々な国の色々な分野における高度な技術を持つ専門家たちが集まっている。現在同チームは25以上のパートナー会社と積極的に交渉中。さらに多くの団体がアイキューイオントークンを取得している。主要なトークン所有者の1つに、約1億ドルの資産を持つベンチャーファンドであるABAマーケティンググループがある。また同チームは世界中の様々な会合に積極的に参加し提携パートナー探しやプロモーションにも力をいれている。

 2018年3月から、アイキューイオンは新しいアドバイザーとしてジェイソン・ハング氏を迎えた。彼は成功した事業家でありモバイルビジネスに幾つかの重要な発明を導入することに成功してきた実力者だ。ジェイソンと彼のチームは9つの独自の技術に関して特許を取得しており、それらは今日2000以上のモバイルアプリで使用されている。彼はデジタルマーケティング、AIの実装、ERP関連のビジネス、そしてもちろんブロックチェーンに関して卓越した技術を持っている。ジェイソンはこれまでトリーズカバリー、チドピ、タイムボックスの3つの会社で共同創業者となってきた。更にハング氏はビットリワーズ、ブロックランサー、データリウス、アイコニック、エイダ(AIDA)、イージーポス、サッチアップ、USAT、セーフクリプトといった15を超えるICOを育て上げるために助力してきた。

3.マスメディアも注目

 アイキューイオンのプラットフォームはマスメディアからの注目を集めている。ビットコイン、コインテレグラフ、インベスティングドットコム、ファイナンス・マグネイト、BTC-ECHO、ビットコイニスト、フォークログといった信頼できるメディアがこのプラットフォームに言及している。

4.アイキューイオンの将来の成長

 ゲーム内のスコア実績等を収益化するための方法は、このプラットフォームの仮想通貨であるIQNに基づいて行われている。弊社のチームと専門家たちは、次に挙げる理由によりアイキューイオンの価値が上昇すると予想している。

  • IQNの発行量は限定されている。
  • ゲーミングプロセス内でのIQNの使用。
  • IQNは他の仮想通貨や法定通貨へと交換可能。
  • IQNは1090億ドルの規模を持つゲーム産業において一般的に使用できる支払手段となる可能性がある。
  • プラットフォーム開発者がゲーム開発会社に対しオープンAPIやSDKを提供しており、ユーザー数の増加が見込める。

 また、アイキューイオンはフォロワーに対し特別なオファーを行っている。歓迎のためのサプライズとして渡されるアイキューイオントークンが懐を益々豊かにしてくれるだろう。終了直前のボーナスは最大50%になり、実際にトークンを購入する者に限定して提供される。

5.取引所上場への取り組みも

 アイキューイオンの運営チームは世界的に有名な取引所にIQNを登録できるかどうか議論を行っている。ICOが終了次第、アイキューイオンの仮想通貨はゲットBTC、ヨービット、バンケラ、そしてイーサデルタといった取引所に登録される予定だ。

 プラットフォームやその機能、恩恵や展望についての詳細は、公式サイトをご覧下さい。