「フェイスブックはビットコイン使えば良かったのに」米国の仮想通貨推進派議員が発言

仮想通貨推進派のウォーレン・デービッドソン議員が、フェイスブックはリブラを作るのではなくてビットコインを使えばよかったという見解を示した。

11日にポッドキャストのノーデット・ビットコインに出演したデービッドソン氏は、7月に行われたリブラに関する公聴会について、「多くの質問がリブラについてではなかった」と指摘。個人情報の流出問題などで米国人からすでに不安視されているフェイスブックが主導するプロジェクトということが事態を複雑化させたという見方を示した。

「フェイスブックはすでにコンテンツのフィルタリングをしている。一部の人はバイアスだと批判する一方で一部は素晴らしい、彼らは私の安全な場所を守っていると評価する(中略)我々はフィルタリングされた言論と自由な言論、どちらが欲しいのだろうか?フィルタリングされた取引と自由な’取引、どちらが欲しいのだろうか?

デービッドソン氏は、フェイスブックがウォレットの「カリブラ」にビットコインを追加する方が新たにリブラという通貨を作るより「遥かに良いアイデアだ」と述べた。

リブラを管理するリブラ協会は、昨日に正式に発足した。すでにVISAやマスターカードなど7社が脱退している。

【関連記事:【速報】仮想通貨リブラ協会が正式に発足 大量離脱も「後退でなく調整」と強気

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版