仮想通貨取引所2社が新たな手数料モデル導入、記録的な取引高を達成

 仮想通貨取引所2カ所が「取引手数料マイニング」モデルを導入し、26日にコインマーケットキャップの日間取引高ランキングで一時トップになった。

 シンガポールに本社を置くコインベネが一時1位になり24時間取引高は21億ドル(約2310億円)を超え、香港に本社を置くビットZが2位で24時間取引高は約15億ドル。同時期のバイナンスのランキング4位で、日間取引高は約6億2900万ドルだった。

 コインベネのウェブサイトの投稿記事によると、同社は新たな取引手数料マイニングモデルを6月23日に導入している。
 

 同取引所のネイティブ通貨であるコニーの1時間ごとの保有量を、毎時の総取引量で割り、100%を掛けるという計算に基づいて、ユーザーは取引手数料と同額のコニーで払い戻しを受ける。コインベネはツイッターに「取引手数料は毎時の終値で全額ETHに両替し、翌日15時に払い戻される」と記している。

 同取引所は6月25日、コインマーケットキャップのランキングでトップになった件をツイートし、「現在世界のチャンピオンだ!!!」と記した。

 コインベネ满币网 @coinbene 18年1月、我々は世界トップ10の取引所になることを目標にした。諦めることなく6か月間の浮き沈みを乗り切り、現在世界のチャンピオンだ!!! ユーザーと誠実で謙虚な市場に感謝を込めて前進し続けよう。

 ビットZのウェブサイトによると、同社の新たな取引手数料マイニングモデルとは、ユーザーが3段階認証を終えていた場合に取引手数料の払い戻しを「同額のBZ」で受け取るというものだ。BZは同取引所のネイティブERC20トークンである。

 ビットZのツイッターによると、このモデルは6月25日に導入されたもので、上限は6億BZ。同社のホワイトペーパーによると、このモデルでは1000万BZごとに払い戻されるBZの量が3%ずつ減少するという。ビットZは6月25日、新たな取引手数料モデル開始後の12時間の総取引高が270億を超えたとツイートした。

 @BitZExchange 皆へ。取引マイニング量が6000万突破ー。

 6月26日8時(UTC/GMT+08:00)時点で、12時間の総取引高が270億を超えた!!! 熱中し続けBZをさらにマイニングして欲しい。皆取引を楽しんでー。