好調な理由は?リップルやモネロ、ダッシュなど仮想通貨5種のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

仮想通貨相場は過去2、3週間、かなり狭いレンジで推移している。この保合い状態を抜け出すには、かなり強いきっかけが必要になるだろう。

このきっかけは何なのか?これを予測するのは難しい。我々はビットコインETF(上場投資信託)の結果が最も大きなきっかけの一つになると考えている。

過去2、3日間、株式市場の急落の影響を受けていないことはポジティブなニュースだ。投機的な資金が仮想通貨市場に流入する可能性もある。

トレーダーとして、行動を取るべき重要な水準はどこなのか注視すべきだ。過去7日間、最もパフォーマンスの良かった仮想通貨を見てみよう。本当に買い時なのだろうか?

EOS/USD

テザー以外で EOSは過去7日間のパフォーマンスが一番良かった。ただそれでも1%ほどのプラスだ。

仮想通貨ウォレットのFreewalletが、すべての取引を無料でできる新たなEOSウォレットを発表した。過去1週間でEOSネットワークのユニーク・アクティブ・アカウントが6万を突破した。これらが材料になったのだろうか?

EOS

(引用元:TradingView

EOS/USDは、3月18日に3.8723ドルという今年の最安値をつけた。そこから4月29日には23.0290ドルまで上昇。1カ月の間に実に約494%もプラスになった。しかし、18.67ドルを超えた水準での高音の形成は、ブルトラップ「強気の罠」だった。それ以来、約76%下落したからだ。

8月の中盤以降、EOSは6.8299〜4.4930ドルという狭いレンジで取引が続いている。このレンジが崩れれば、EOSは3.8723ドルまで下落し、さらに3ドルや2.4ドルも見えてくることになる。

一方上昇局面においては、6.8299ドルを超えたら、9.4456ドルまで上昇するかもしれない。さらに上には15ドルも見えてくる。

XRP/USD

リップルの決済サービスxRapidやxCurrent関連のニュースがここ2、3日も引き続き見られる。リップルは25日、2018年第3四半期(7-9月期)に1億6300万ドル(約183億5,000万円)の仮想通貨XRPを売却し、売上高が前期比で2倍以上に増加したと発表。またグーグルでプロダクト担当のバイス・プレジデントだったアミル・サルハンギ氏が、リップルラボに参画した。

これらは価格に影響を与えたのだろうか?

XRP

(引用元:TradingView

双方の移動平均線は横ばいで、RSI(相対力指数)は中間点だった。今後2、3週間レンジ相場が続くだろう。

XRP/USDは、2018年に新たな安値をつけたが、強気派が盛り返そうとしている。0.76440ドルを超えたら、底値形成のサインで0.96ドルと1.22ドルが見えてくる。

下降局面では、0.37185ドルのサポートを下回れば、今年最安値付近の0.25300ドルまで下がるかもしれない。

ETC/USD

イーサリアムクラシックは、過去2、3週間、好調だった。モルガン・スタンレーの元バイス・プレジデントであるドナルド・マッキンタイヤー氏は、「ETCはとてもニッチでかなりユニークなポジションをもっている」という見解を示した。

ETC

(引