仮想通貨取引所フォビ・ジャパンに東海東京が5億円出資|IEOを展開へ=日経【ニュース】

総合証券の東海東京フィナンシャルホールディングスは仮想通貨取引所を運営するフォビ・ジャパンに出資する。日経新聞が26日に報じた。約5億円を出資して4%を超える大株主になる。

日経新聞によると企業の資金調達を支援するイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を展開するという。東海東京側が日本側で調達を希望する企業と引き合わせる。

将来的には地域通貨をフォビ・ジャパンのIEOを通じて取引することも検討するという。

フォビ・ジャパンは今年10月にもリース事業を手がけるFPGを引受先として約5億円を調達している。

【関連記事:仮想通貨取引所フォビジャパンが約5億円調達 リース事業のFPGが出資 | デジタル証券分野で協働も