仮想通貨取引所フォビジャパンが約5億円調達 リース事業のFPGが出資 | デジタル証券分野で協働も【ニュース】

フォビジャパンは25日、リース事業を手掛けるFPGを引受先とする第三者割当増資を実施し、4億9996万8,000円を調達したと発表した。フォビジャパンは、仮想通貨取引所大手フォビの傘下で、日本で仮想通貨交換業を展開している。今回調達資金を使い、日本での事業拡大につなげるという。

FPGは今回の出資について「新たな金融資産や決済手段を提供することが可能な仮想通貨交換業を営む同社(フォビ)の将来性に着目したもの」と説明している。フォビと協力して金融サービス分野で事業拡大を目指すとしている。

FPGが持つ金融商品取引業者としてのノウハウとフォビのブロックチェーン技術を組み合わせ、有価証券市場のデジタル化で協力もしていくという。

取得株式数については非開示となっている。