ビットコイン強気派ドレイパー氏、終身刑で服役中の「シルクロード」運営者の釈放を求める【ニュース】

著名投資家であり、ビットコイン強気派のティム・ドレイパー氏が、闇サイト「シルクロード」の運営者で、現在終身刑に服しているロス・ウルブリヒト氏の釈放を求めている。

4日に公開されたCrypto Finderのインタビューの中で、ドレイパー氏はウルブリヒト氏の釈放を訴えた。

「ロスを自由に!彼を釈放するべきだ。我々には、彼のような起業家が必要だ。刑務所から出すべきだ。彼の様な優れた人間を刑務所に閉じ込めておかなければならないのか?彼のような人間のエネルギーや力が必要だよ」

ドレイパー氏にとって、ウルブリヒト氏の存在は常に心の中で引っかかっているようだ。ドレイパー氏は2014年、FBIがシルクロードから押収したビットコイン30,000BTCをオークションで手に入れている

シルクロードは、ダークウェブ上で薬物や武器などの違法取引が行われたマーケットプレイスだ。その決済は仮想通貨で行われていた。米当局は13年にウルブリヒト氏を逮捕。仮釈放なしの終身刑の判決が下されている。

「彼はたしかに一線を超えた」とドレイパー氏は指摘した上で、「しかし彼は刑務所にもう長いこといる。彼を釈放してやるべきだ。彼が檻の中にいると思うと、私の心は引き裂かれる思いだ」と語った。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン