「少し保守的だったかな」 ティム・ドレイパー氏、 仮想通貨ビットコイン25万ドル予想を振り返る

ビットコイン強気派で米投資家のティム・ドレイパー氏は、13日にBlock TVに出演し、「ビットコインが25万ドルに到達する」という自身の予想が少し保守的だったと述べた。

ドレイパー氏は、25万ドルとはビットコインが「世界の通貨市場」で約5%シェアを獲得することを意味していると解説。「ビットコインの力を少なめに見積もっているかもしれない」と述べた。

「今日、ビットコインか法定通貨の選択肢があれば、法定通貨の方がスターバックスなどで使い勝手が良いだろう。しかし長期的には、ビットコインで法定通貨と同じようなことができれば、人々は法定通貨よりビットコインの方が好きになるだろう。なぜなら政府よるインフレ策で自然に法定通貨の価値は減ることを知っているし、もし政府を信用できなくなればビットコインをさらに重宝するからだ」

ドレイパー氏は、ビットコインの価値は決済手段として普及するこで高まるという持論を展開している。多くのアナリストは対照的に、世界経済悪化へのリスクヘッジとしてビットコインが価値保存手段として機能しているとみている。

先月、ドレイパー氏はビットコインが25万ドルに到達するのは2022年ではなくて2023年になるだろうと予想を修正した

【関連記事:米著名VCティム・ドレイパー氏、仮想通貨ビットコイン25万ドル予測を少しだけ修正