SEC、今後2ヶ月で9つのビットコインETF可否判断へ

 米国証券取引委員会(SEC)は今後2ヶ月の間に9つのビットコインETF(上場投資信託)の可否判断をすることになるとコインデスクが8日に報じた。SECの決定のたびに仮想通貨相場が一喜一憂する状況が続きそうだ。

 SECは7日、Cboe BZX取引所への上場を求めていたビットコインETFの決定を9月30日まで延期すると発表。しかし、このETFは現在SECに申請している9つのファンドの1つに過ぎず、8月末から9月末にかけて相次いで締め切りラッシュを迎えることになるという。

締切
8月23日 プロシェアーズ提出の2つのファンド
9月15日 グラナイトシェアーズ提出の2つのファンド
9月21日 ディレクシオン提出の4つのファンド
9月30日 CBOE提出の1つのファンド

 最初の締切は米国官報に掲載されてから45日間。SECは最大で240日間を審議にかけられる。

 仮想通貨市場が最も注目するCBOEのビットコインETFに関しては、今年の判断はないという見方が出ている。カナダの投資銀行大手カナダの大手投資銀行であるカナコード・ジェニュイティは、5日のレポートの中で米国証券取引委員会(SEC)によるビットコインETF(上場投資信託)の承認は来年までないと予想した

参考記事
「ビットコインETFは2019年のイベント」=加・大手投資銀行のレポート
【速報】ビットコインETFの可否決定が9月30日に延期、ビットコイン価格は下落
ビットコインETF、次の正念場は9月に:ETFとは何か?SECの拒否理由は?北欧の先進事例を解説