テザーがイーサリアムERC20準拠のUSDTとEURTを発行 半分散型取引所イーサフィネックス向けか

 テザーが新たにイーサリアムベースのトークン発行を始めたことが分かった。これまでに8600万ユーロ相当のEURT6010万ドル相当のUSDTを既に発行しているという。情報サイト「ファイナンスマグネーツ」が15日に伝えた

 ビットフィネックスは昨年夏に半分散型の仮想通貨取引所Ethfinex(イーサフィネックス)を立ち上げた際、イーサリアム上でテザーを発行する計画を発表していた

 (参考記事「ビットフィネックスが分散型仮想通貨取引所に向け布石 EOSFinex立ち上げへ」2018年2月13日)

 「ビットコインベースでオムニレイヤープロトコルを通して発行されるUSDTの成功に続き、テザーはイーサフィネックスと連携しイーサリアムを基盤としたERC20基準のテザーを発行する。<中略>ERC20基準テザーはトークン化された米ドルをイーサリアムで取引可能にし、イーサリアムベースのプロトコルと分散型アプリとの相互運用を可能にする。また、イーサリアムネットワーク上で法定通貨の取引もできるようになる」。(イーサフィネックスによる昨年9月の公式発表)

 イーサフィネックスのツイッターによるとトークンの入出金は1月22日に開始しているが、それ以上の詳細は今のところ不明だ。

  • フォローはこちら: