英エバーレジャー、中国テンセントや楽天から資金調達 ブロックチェーン基盤のサプライチェーン改善目指す

ブロックチェーン基盤のサプライチェーン構築を目指す英国のエバーレジャーが、中国のネット大手テンセントや楽天から2000万ドル(約21億円)の資金調達をした。コインテレグラフに共有されたプレスリリースから明らかになった。

今回の資金調達ラウンドをリードしたのはテンセント。エバーレジャーの取締役会にも入ることになるという。このほか、楽天やフィデリティ、ブルームバーグのベンチャーファンドであるブルームバーグ・ベータ、ヴィッカーズ・ベンチャー・パートナーズ、グラフィーン・ベンチャーズなどが出資した。

2015年設立のエバーレジャーは、ブロックチェーンを使ったサプライチェーンの管理や追跡を行なっている。2018年5月にブロックチェーン技術を使ったダイヤモンド追跡のパイオニアとして注目された。

エバーレジャーのプロダクトは、ハイパーレジャーファブリックを基盤にしている。

今回の資金調達を受けて、エバーレジャーは「世界のサプライチェーンの透明性、持続性、追跡可能性の改善を続ける」。とりわけ、テンセントが手がけるチャットアプリ「ウィーチャット」を使ってブロックチェーン基盤のダイヤモンド追跡プログラムを立ち上げる。「ウィーチャットの利用者に対して、さらなる透明性とセキュリティの下で宝石を買うことを勧める」ことが目的だという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版