米SECによるリップル社提訴を受けて、XRPを取り巻く環境が急速に悪化している。資産マネジメント会社のポジション清算を受けて、日本の仮想通貨取引所でも一時停止する企業も出てきている。

各社の対応をまとめた。

日本の仮想通貨取引所

SBIVCトレード(12月23日時点)

価格変動への注意喚起のみで、XRPの取り扱い方針には触れず。

フォビジャパン(12月24日時点)

XRPの販売所サービス停止。再開時期は未定。
取引所サービスは継続。

ディーカレット (12月24日時点)

XRPの売買サービス停止。再開時期は未定。
XRPの送受は利用可能。

DMM Bitcoin(12月23日時点)

XRPの取引を提供継続。

FXCoin(12月24日時点)

XRPに関するサービス(XRP/JPY,BTC/XRP,LTC/XRP,BCH/XRPの通貨ペアによる取引、およびXRPの入出庫)を継続。

タオタオ(12月23日時点)

XRPの取引継続。

GMOコイン(12月24日時点)

XRP/JPYレバレッジ取引の一部を停止。 暗号資産FXと取引所(レバレッジ取引)で新規売り規制を行う。

楽天ウォレット(12月24日時点)

安定的な価格配信が可能と判断できるまでの間、停止することを決定。

bitbank(12月24日時点)

現時点においては、XRPの取扱停止を予定せず。取引や入出金は継続して利用可能。

BITMAX(12月24日時点)

流動性の状況によりサービス停止の可能性。

XRPの1回当たりの取引上限を10,000,000円から1,000,000円に引き下げ。

Liquid(12月24日時点)

引き続きXRPに関連するサービスを提供する方針。

コインチェック(12月25日時点)

現時点では、 XRPの取扱いを停止する予定はなし。

大口OTC取引サービスでは、「流動性供給元(カバー先)の状況を鑑み」、XRPの取引を12月26日8:00頃より一時停止する。

ビットポイントジャパン(12月24日時点)

現時点では取引や入出金のサービス停止予定はなし。ただし、今後の状況次第では対応方針変更もありうる。

海外の仮想通貨取引所

コインベース(12月29日時点)

12月28日から段階的に制限。2021年1月19日にXRP取引を完全に停止。

OKCoin(12月28日時点)

2021年1月4日から取引サービスと入金を停止。

ビットスタンプ(12月26日時点)

2021年1月8日から取引サービスと入金を停止。

ビットトレックス(12月30日時点)

2021年1月15日に上場廃止。

バイナンスUS(12月31日時点)

2021年1月13日に上場廃止。

Blockchain.com(2021年1月5日時点)

1月14日からXRPの取引サービスを停止。