リップル Q3の売上高が2倍以上に 183億円以上の仮想通貨XRPを売却

リップルは25日、2018年第3四半期(7-9月期)に1億6300万ドル(約183億5,000万円)の仮想通貨XRPを売却し、売上高が前期比で2倍以上に増加したと発表した

ただ、リップルは2018年第1四半期に今年最高となる約188億4,000万円の売上高を記録しており、今回はこれにわずかに及ばなかった形だ。

この売上の大半は機関投資家への直接販売によるもの。XRPの卸売を行うリップル社の子会社XRP IIでは第3四半期に約110億円の売上高を達成している。これも第2四半期の約18億円と比較すると大幅に増加した。対してプログラマティック取引には大きな変化は見られず、わずかに増加したのみだった。


 (コインテレグラフ@マーケットアラート)

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!