シンガポール当局とJPモルガン、クロスボーダー送金向けにブロックチェーン基盤のシステム開発【ニュース】

シンガポール金融管理局(MAS)と米銀行大手JPモルガンがクロスボーダー送金向けにブロックチェーン基盤のプロトタイプを開発した

MASによると、異なる通貨の支払いが同じネットワークで行われるようになる。シンガポール政府が保有する投資会社テマセックも開発に参加した。ブロックチェーンを使うことでコスト面で効率が高まることが期待されている。

今回のプロトタイプは、2016年11月にMASなどによって立ち上げられた「プロジェクト・ウビン」のフェーズ5の一部。JPモルガンがウービンに参加し、IINやJPMコイン開発における発見を伝えることになる。

プロジェクト・ウビンに関する詳細は来年初頭にアクセンチュアがレポートを公表することになっている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン