リップルネットのマイルストーンか タイのサイアム銀行が国際送金支援のマルチホップ機能導入へ

リップルは、タイのサイアム商業銀行がリップルネットの中で初めて「マルチホップ」と呼ぶ機能を導入すると発表した。従来のコルレス銀行を介した銀行間決済よりも、より迅速で手数料を抑えることができるという。リップルはサイアム銀行を介して、ASEAN域内の決済が容易になると強調する。

マルチホップ機能を使えば、リップルネット上で金融機関間で決済する際、金融機関同士が1対1で直接接続していなくても送金ができるという。サイアム銀行が仲介者となり、送金元と送金先をつなぐ役割を果たす。

リップルによれば、既存のコルレス銀行を使ったシステムの上では、現地通貨を米ドルに交換してから、複数の銀行にわたって送金し、最終的にドルから受取先の現地通貨に変換する必要があった。そのため、外国為替の送金には多くの手数料が必要なままだと指摘する。

マルチホップ機能でサイアム銀行とつながることで、通貨を交換せず、ASEAN域内外の決済が容易になるとしている。リップルはASEAN域内の決済の民主化につながると強調する。

かつてはASEA諸国への決済能力を持たなった小規模な金融機関にとって、支払い規模や金融機関の流動性プールに関係なく、マルチポップでASEAN諸国へのアクセスを民主化し、簡単に決済できるようになる。

リップルでインフラストラクチャ・イノベーションのグローバル責任者を務めるディリップ・ラオ氏は、今回のサイアム銀行の発表について、「リップルネットのスケーリングにとってマイルストーンだ!」とツイートしている。