イスラム法準拠の仮想通貨取引所、世界で初めて開設へ

 アラブ首長国連邦(UAE)拠点のADABソリューションズ社は21日、世界初のイスラム法準拠の仮想通貨取引プラットフォーム「FICE」の立ち上げを発表した。世界に18億人いるムスリムへのサービス提供を目指す。AMBクリプトが23日伝えた。

 レポートによると、シャリーアに準拠した仮想通貨取引所は世界初。FICEは、イスラム金融の原則に基づきトランザクションが実行されるように配慮し、イスラム教徒が仮想通貨取引に参加できるよう投資プラットフォームを提供する。

 ADABソリューションズによると、現在の仮想通貨マーケットには3つの大きな問題がある。

  • ムスリムの市場参加が極端に少ないこと
  • ムスリムコミュニティでは、クリプト・エコノミクスのキーツールに対する信頼が低いこと
  • 新興市場と投資家の非効率

 同社はFICEにより、これらの3つの問題を解決できると述べている。

 昨年ロイターが発行した「イスラム金融開発レポート」によると、クリプト・エコノミクスはイスラム金融における重点分野だ。しかし、現在の市場への投資がイスラム金融法に合致しているか否か、コミュニティは十分認識しておらず、この曖昧さがムスリム投資家を仮想通貨市場から遠ざけている。

 ADABソリューションズは、何がシャリーアに準拠するのか否かをムスリムコミュニティに理解させていく計画だ。国際的なシャリーア専門家からの助言を受け、ADABソリューションズの活動やサービス内容がシャリーアの原則に反しないよう注意していく。

 時価総額で第7位の仮想通貨ステラ (XLM)を運営するステラ・デベロップメント・ファンデーションは7月17日、ステラの技術とネットワークが、シャリア適合認証を取得したと発表した。イスラム金融世界におけるステラのエコシステム拡大を目指している。