SegWit導入のビットコイントランザクションが初の5割超え【アラート】

ビットコイン関連の情報を提供するtransactionfeeによると、米国東部時間10月3日に、SegWit(Segregated Witness)を導入したビットコイントランザクションの占める割合が24時間で10%上昇し、はじめて53.82%に達した。

SegWitは仮想通貨ビットコイン(BTC)のトランザクション展性(Transaction Malleability)とスケーラビリティ(Scalability)問題を改善できる技術として2015年に発表。2017年8月にはアップグレードが行われ、今年の初めに仮想通貨取引所のコインベースとビットフィネックスが採用したことで注目を集めた。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)