サウジアラビア、仮想通貨取引を違法化

 サウジアラビア規制当局は12日、仮想通貨取引は違法とする声明を出した

 サウジの常任委員会は、仮想通貨取引に関する警告を出した。仮想通貨取引は政府管轄外にあり、高いボラティリティや潜在的なスキャムなどにより、トレーダーに対する高いリスクと悪い結果が考えれるためだと説明している。

「常任委員会は、サウジアラビアにおいて、ビットコインやその他の仮想通貨は違法であり、全ての企業や個人は、取引を認可されていないと断言する」

 仮想通貨取引をした際の罰則については明言されていない。

 この政令の禁止順守を監督する常任委員会は、サウジアラビア資本市場庁(CMA)を中心として、内務省、情報省、貿易投資省、通貨機構から構成される。

 サウジアラビア通貨機構とリップルは2月、サウジの銀行にリップルの国際決済技術を提供することで合意し、リップルのxCurrentを使ったパイロット事業を立ち上げている。