英大手銀傘下のサウジ・ブリティッシュ銀行、リップル基盤の国際送金サービスを立ち上げ

英銀HSBCホールディングス傘下のサウジ・ブリティッシュ銀行(SABB)は、リップルのブロックチェーンを基盤にしたクロスボーダー(国をまたいだ)送金サービスを立ち上げた

サウジ・ブリティッシュ銀行は、去年1月にリップルのネットワークに参加。初めて参加したサウジアラビアの銀行の1つだ。インドの法定通貨ルピーを使った実験に成功し、今回の立ち上げに繋げたという。リップルの決済サービスを使うことで、より速く、透明性の高い、クロスボーダーの送金が実現できると考えている。

最初は、インドのルピーをサポート。順次、対応通貨と国を増やしていく計画だ。

サウジ・ブリティッシュ銀行の担当者は次のようにリップル導入の意義を話した。

「このステップは、顧客にベストなバンキングサービスを提供する我々の努力の一環だ。最新の技術を活用し、世界のバンキングプロダクトを利用可能にし、我々の顧客にとって時間と労力の削減につながればと思う」

サウジ・ブリティッシュ銀行は昨年9月、サウジアラビアの銀行として初めて、金融機関向けブロックチェーンプラットフォームを提供するR3コンソーシアムに参加した

R3は、300社以上のエコシステムの基盤となる分散型技術はコルダを手がけている。すでに90種類のアプリが誕生しており、その中の1つがクロスボーダー(国をまたいだ)送金向けのアプリケーション「コルダ・セトラー」。昨年、仮想通貨XRPを仮想通貨として初めてサポートすると発表したことから、注目を浴びた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Saudi British Bank Launches Ripple-Powered Instant Cross-Border Transfer Service